音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

サイダーガール、鉄拳原作の映画「家族のはなし」に主題歌書き下ろし

500

サイダーガール

サイダーガール

サイダーガールが2018年度公開予定の映画「家族のはなし」の主題歌を担当することが発表された。

「家族のはなし」は鉄拳のパラパラマンガを原作にした、家族の大切さを描いた作品。ある挫折をきっかけに両親の元を離れ、東京でバンドに熱中する大学生の小林拓也を岡田将生が演じる。そのほか出演者として、彼の父親で田舎でリンゴ農園を営む小林徹役に時任三郎、そんな父と息子を見守る優しい母親の小林愛子役に財前直見、拓也の同級生役に成海璃子、拓也のバンド仲間に金子大地佐藤寛太、バンドのプロデューサー役に水田信二(和牛)、拓也の恩師役に渡辺憲吉が名を連ねる。

本作を彩るサイダーガールの新曲は「dialogue」。鉄拳による原作を読んで、メンバーが書き下ろした。同曲についてYurin(Vo, G)は「改めて気づかされることがたくさんある映画でした。音楽をするために地元を離れて、たくさんの人に助けられてきたことを思い出しながら作りました。映像に寄り添える曲になっていると嬉しいです」とコメントしている。

さらに劇中ではサイダーガールの楽曲「群青」「橙の行方」が使用されていることも明らかに。2曲は劇中バンドの演奏曲として、ボーカル役の金子が歌唱している。

音楽ナタリーをフォロー