音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

東山奈央が初の日本武道館で中川かのんに、春アニメのOPテーマも披露

2469

東山奈央(撮影:AZUSA TAKADA / タマイシンゴ)

東山奈央(撮影:AZUSA TAKADA / タマイシンゴ)

東山奈央が2月3日に東京・日本武道館でワンマンライブ「1st LIVE "Rainbow" at 日本武道館」を開催した。

ステージに現れた東山は、バンドメンバーの演奏をバックに1stアルバム「Rainbow」のリード曲「君と僕のシンフォニー」でライブをスタートさせた。さらに彼女は「True Destiny」「Bright Heart」を披露。続く「Day by Day」では、会場に大合唱が沸き起こった。その後東山は衣装をチェンジし、ダンスパートへ突入。彼女は6人のダンサーを引き連れ、10年間習っていたという大好きなダンスで観客を魅了した。

バラード曲を中心としたアコースティックパートでは村下孝蔵の楽曲「初恋」のカバーが届けられ、ファンは美しい歌声にじっくりと耳を傾けた。このパートのラストを飾ったのは、東山が初めて作詞作曲を手がけたナンバー「Rainbow」。彼女はこの楽曲をファンに語りかけるように歌い上げ、曲が終わると客席に向かって深々と頭を下げた。その後東山はラストスパートをかけるように「イマココ」「Chain the world」を披露。そして事前に振り付け講座の動画が公開されていた「君の笑顔に恋してる」をファンと踊り、大盛り上がりの中本編を締めくくった。

アンコールで東山は頭に大きなリボンを付けてステージに登場。彼女はアニメ声優デビュー作品「神のみぞ知るセカイ」で演じたアイドル・中川かのんのキャラクターソング「らぶこーる」「ハッピークレセント」を歌い、ファンを喜ばせた。ここで東山からファンに向けて3つのニュースが。本公演の映像作品化、オフィシャルファンクラブの開設、自身がヒロイン役として出演する今春放送のテレビアニメ「かくりよの宿飯」のオープニングテーマを担当することが発表された。そして彼女はオープニングテーマ「灯火のまにまに」を初披露。和のテイストを取り入れた艶やかなナンバーで自身の新たな魅力を伝えた。そして本公演のラストナンバーにセレクトされたのは、この日2度目となる「君と僕のシンフォニー」。白い紙吹雪が舞う中彼女は歌を届け、笑顔でライブを終えた。

東山は「灯火のまにまに」を3rdシングルとしてリリース。発売日などの詳細は彼女のオフィシャルサイトで追ってアナウンスされる。

音楽ナタリーをフォロー