BLUE ENCOUNT VS. My Hair is Bad!火花散り一体感が生まれた新木場公演

1

2903

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 410 2357
  • 136 シェア

BLUE ENCOUNTが昨日1月18日にライブツアー「BLUE ENCOUNT TOUR2017-2018 ~VS~」の最終公演を東京・新木場STUDIO COASTにて開催した。

アンコールで撮影されたBLUE ENCOUNT、My Hair is Badの記念写真。(撮影:浜野カズシ)

アンコールで撮影されたBLUE ENCOUNT、My Hair is Badの記念写真。(撮影:浜野カズシ)

大きなサイズで見る(全34件)

「BLUE ENCOUNT TOUR2017-2018 ~VS~」では、東名阪の3都市でそれぞれワンマンライブとツーマンライブを実施したブルエン。ワンマンライブではファンからのリクエストを募りセットリストを決めるステージを、ツーマンライブは親交のあるバンドとの対バンを行った。

My Hair is Bad(Photo by MASANORI FUJIKAWA)

My Hair is Bad(Photo by MASANORI FUJIKAWA)[拡大]

最終公演には、後輩にあたるMy Hair is Badが対バン相手として参加。先攻を務める彼らは、大歓声を浴びながらまずは拳を突き合わせ気合いを入れた。椎木知仁(Vo, G)は「新年一発目。マイヘア始めます!」と宣言し、「アフターアワー」を挨拶代わりに歌い上げた。3人が奏でる痛快な音を求めるように観客はステージに向かって手を挙げ、ときにはシンガロングし、熱狂的な空間を作り出す。山本大樹(B, Cho)と山田淳(Dr)が奏でる弾むようなグルーヴに乗せて椎木が観客に語りかけるように歌う「ドラマみたいだ」のあと、椎木は「今年初めてのライブです。曲を作ったり、酒を飲んだり、酒に飲まれたり」と近況をトーク。観客を沸かせつつ「復讐」につなげた。

椎木知仁(Vo, G)(Photo by MASANORI FUJIKAWA)

椎木知仁(Vo, G)(Photo by MASANORI FUJIKAWA)[拡大]

中盤まではアッパーな曲で固めていた3人だったが、「燃える偉人たち」から攻撃的なモードに切り替え、牙を剥くように激しいナンバーを畳み掛ける。椎木は声を張り上げ、「『VS』なんだから戦いだろ?」と先輩BLUE ENCOUNTに対して気炎を上げ、「フロムナウオン」の演奏中も血気盛んに煽り立てる。その後、激しい余韻の中でMCを始めた椎木は「もっと変わりたいと思ってます、今年も」と2018年の意気込みを述べ、「いつか結婚しても」を披露した。チャーミングなラブソングで場内の空気を和らげた後、「ブルエンに愛を込めて」という紹介からラストナンバーとして「告白」を熱演。最後は向かい合って爆音を鳴らし、軽やかに去っていった。

BLUE ENCOUNT(撮影:浜野カズシ)

BLUE ENCOUNT(撮影:浜野カズシ)[拡大]

対するBLUE ENCOUNTはマイヘアのパフォーマンスに感化されたのか、田邊駿一(Vo, G)が冒頭で「ボコボコにする体制で臨みますんで」と宣言。自分たちを発奮し、観客を挑発するように「JUST AWAKE」を叩き込んだ。 辻村勇太(B)も「踊るぞ!」と序盤からオーディエンスを煽り、コール&レスポンスを率先して巻き起こすなど、マイヘアへの対抗心を燃やす。そして江口雄也(G)のタッピング奏法が炸裂する「ロストジンクス」からギアをトップに入れてエモーショナルなパフォーマンスを展開していく。

田邊駿一(Vo, G)(撮影:浜野カズシ)

田邊駿一(Vo, G)(撮影:浜野カズシ)[拡大]

MCで田邊は「いつか結婚しても」の一節を歌いつつ、「なんとか潰そうと思ってた」と早くから椎木の才能に畏怖を抱いていたことを述懐。「単純に音楽がカッコいいから呼ばせていただきました」とひたすらマイヘアへの愛を口にしたのに続いて、目の前のオーディエンスに感謝の思いを伝えるように「THANKS」を熱唱した。「やっぱり戦おうと思ったけど違うね。1つになりたい」と田邊が言い放ってから始まった「ONE」では、高村佳秀(Dr)がドラムセットを離れ、コール&レスポンスを巻き起こす場面も。一体感が漂う中、4人はツアーのテーマ曲とも言える「VS」を高らかに奏で、本編の締めくくりとして「LAST HERO」を激しいプレイと共に届けた。

フロアに発生した「もっと光を」の合唱に呼ばれ、汗だくのまま4人は再びステージへ。田邊の「今回のツアーをやって、まさにこの気持ちです」という言葉から、予定にはなかった「もっと光を」を歌い出す。まぶしい光がステージを包み込み、明るい空気が会場を満たしていく。最後に田邊が放った「間違いなかった。今日は記念すべき日になりました」という言葉がライブの充実ぶりを証明していた。

この記事の画像(全34件)

「BLUE ENCOUNT TOUR2017-2018 ~VS~」2018年1月18日 新木場STUDIO COAST セットリスト

My Hair is Bad

01. アフターアワー
02. 熱狂を終え
03. ドラマみたいだ
04. 復讐
05. クリサンセマム
06. 元彼氏として
07. 燃える偉人たち
08. フロムナウオン
09. いつか結婚しても
10. 告白

BLUE ENCOUNT

01. JUST AWAKE
02. ワナビィ
03. HOPE
04. HEEEY!
05. ロストジンクス
06. misgiving
07. THANKS
08. NEVER ENDING STORY
09. DAY×DAY
10. ONE
11. VS
12. LAST HERO
<アンコール>
13. もっと光を

全文を表示

読者の反応

  • 1

音楽ナタリー @natalie_mu

【ライブレポート】BLUE ENCOUNT VS. My Hair is Bad!火花散り一体感が生まれた新木場公演(写真34枚) #BLUEENCOUNT https://t.co/BLohbnGssD https://t.co/EoEWLMOqLF

コメントを読む(1件)

BLUE ENCOUNTのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BLUE ENCOUNT / My Hair is Bad の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。