「ハッピーをばら撒いていくのが使命」Czecho No Republicツアー、六本木で幕

281

Czecho No Republicが12月22日に東京・EX THEATER ROPPONGIにてワンマンツアー「リリースツアーじゃないツアー」の最終公演を開催した。

Czecho No Republic(撮影:山川哲矢)

Czecho No Republic(撮影:山川哲矢)

大きなサイズで見る(全11件)

Czecho No Republic(撮影:山川哲矢)

Czecho No Republic(撮影:山川哲矢)[拡大]

今回のツアーでは「これまで発表してきた楽曲たちをないがしろにしていないか」という思いから、バンドはライブ定番曲はもちろんメジャーデビュー初期の楽曲などもセットリストに織り交ぜ、全6会場を回った。中央に設置されたドラムセットが光り、虹色のライトに包まれたステージにメンバーが登場すると、ライブは山崎正太郎(Dr, Cho)のシンバルを合図に「MUSIC」で幕を開ける。砂川一黄(G, Cho)の「盛り上がっていこうぜ、六本木!」の声に応えて満員の観客で埋め尽くされた会場からは歓声が上がり、武井優心(Vo, B)も「天国にしよう!」と腕を突き上げ、序盤からフロアを焚きつけていった。続く「Amazing Parade」では盛大なシンガロングが沸き起こり、クラップの息もぴったりな「Call Her」では八木類(G, Syn, Cho)、武井、砂川の3人がフロントに並んで立ち、客席をぐるりと見回すパフォーマンスで盛り上げた。

タカハシマイ(Cho, Syn)(撮影:山川哲矢)

タカハシマイ(Cho, Syn)(撮影:山川哲矢)[拡大]

ライブアンセムの連投で序盤から一体感を生み出すと、「ネバーランド」そして武井の「Czecho No Republicの船の旅へご招待します」の案内で「幽霊船」とバンドは趣きを変える。タカハシマイ(Cho, Syn, Per)がマイクを持った「ゴッホとジョン」では、身体を揺らしながらステージを練り歩く彼女がステージをリードし、ハーモニカを吹いてみせるなど多彩なパフォーマンスでオーディエンスの視線を奪った。

1人でライブに訪れるファンと、同じく1人でライブに行くという自身を重ねて武井が歌う「一人のワルツ」、八木が作詞作曲およびリードボーカルを務める「絵本の庭」を経て披露されたのは、東京では初めて演奏するという「Arabia」、そしてもう1曲「懐かしい曲を」と「Hello,My Friend Sophie」。メジャーデビューから4年、一度立ち止まって過去の楽曲を育てたいというバンドの思いが、当時から進化したサウンドに乗せて届けられる。そして武井は「生きていく中で楽しい日も、押しつぶされそうな日も、どんな日も過去になっていって。今日も過去になって。でもどんな日も遠ざかれば遠ざかるほど平等にキラキラして見えてくる。悲しい時期だったけど、これも過去になったときに輝いて見えるという思いを込めて作りました」と「Beautiful Days」を感情たっぷりに歌い、続く「For You」では雪の舞う演出で幻想的なステージを展開した。

Czecho No Republic(撮影:山川哲矢)

Czecho No Republic(撮影:山川哲矢)[拡大]

ライブも終盤戦に差し掛かると、9月にSKY-HIとのコライトシングル「タイムトラベリング」を発表しツアーを巡る中で、SKY-HIのラップパートを歌う“ラッパー八木”と“ラッパー砂(砂川)”が誕生したとメンバーの口から報告が。砂川がおどけたラップ口調で「お前ら準備OKかYO」と煽ると、メンバーが代わる代わるマイクを取って「タイムトラベリング」をパフォーマンスしてみせた。そして「ギロッポン、お祭り騒ぎしましょう!」と盛り上がった「Festival」「JOB!」「Oh Yeah!!!!!!!」で再び熱狂空間を生み出すと、武井が「花火のようにジャンプできますか?」と呼びかけ、「Firework」ではフロアが抜群の一体感を見せた。

本編のラストには、ステージ後方に掲げられたバックドロップの話題に。左に「NEVERLAND」、上に「MANTLE」、右に「Santa Fe」、下に「DREAMS」のイラストが採用されたこのデザインは、バンドの初期メンバーで現在は画家として活躍する吉田アディムが描いたものだという。そして中央に描かれた「4→5」という数字には、もともと4人で始まったバンドから今の5人のバンドがあること、そしてメジャーで発表した4枚のアルバムを5人で鳴らそうというメッセージを込めたと明かしたメンバー。客席から温かい拍手が送られると、武井は「ハッピーをばら撒いていくのが俺たちの使命かなと思います」と来年の5周年に向けての決意を宣言し、本編を「No Way」で締めくくった。

Czecho No Republicのライブの様子。(撮影:山川哲矢)

Czecho No Republicのライブの様子。(撮影:山川哲矢)[拡大]

アンコールでは、バンドが来春に5枚目のアルバムをリリースすること、1月5日に“5人になって5周年”の幕開けを記念したイベントを開催することが発表された。そして彼らは、過去を見つめなおしたツアーの締めくくりに未来に向けて作った新曲を持ってきたことを明かし、武井は「この感情が生きる上でキーになっているんじゃないか」と言って「好奇心」をプレイした。ラストの「ダイナソー」を終えてステージを去るも、鳴り止まないアンコールに再び舞台上へと呼び戻されたメンバー。想定していなかったという彼らに客席から口々にリクエストが飛ぶ中、武井が「今日のつながりは音楽だから。音楽で友達になれたって曲を」と「Melody」を届け、ライブは大団円を迎えた。

Czecho No Republic「リリースツアーじゃないツアー」
2017年12月22日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. MUSIC
02. Amazing Parade
03. Call Her
04. ネバーランド
05. 幽霊船
06. ゴッホとジョン
07. Crazy Crazy Love
08. 一人のワルツ
09. 絵本の庭
10. Arabia
11. Hello,My Friend Sophie
12. Beautiful Days
13. For You
14. タイムトラベリング
15. Festival
16. JOB!
17. Oh Yeah!!!!!!!
18. Firework
19. No Way
<アンコール>
20. 好奇心
21. ダイナソー
<ダブルアンコール>
22. Melody

この記事の画像(全11件)

関連記事

Czecho No Republicのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Czecho No Republic の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。