音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

水曜日のカンパネラ・コムアイ「VOGUE」アワード受賞「ドッキリかと思った」

570

「VOGUE JAPAN」の渡辺三津子編集長からトロフィーを受け取るコムアイ(水曜日のカンパネラ)。

「VOGUE JAPAN」の渡辺三津子編集長からトロフィーを受け取るコムアイ(水曜日のカンパネラ)。

コムアイ(水曜日のカンパネラ)が本日11月24日に東京・丸ビル マルキューブにて行われた「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」の授賞式に出席した。

「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」は雑誌「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした“ヴォーグ”な女性たちを選出するアワード。13回目を迎える今回の受賞者にはコムアイのほか、ダンスカンパニー「ELEVENPLAY」の主宰であり、PerfumeやBABYMETAL、星野源などの振り付けを手掛けたことでも話題を集める振付演出家のMIKIKO、女優の木村多江ソノヤ・ミズノ吉岡里帆、作家の恩田陸、お笑い芸人のブルゾンちえみ、冒険家の南谷真鈴が名を連ねた。また「VOGUE JAPAN」が国内外のファッションシーンで活躍する新世代女性を応援するために贈る「Rising Star Of the Year」はジュエリーブランドAMBUSHのデザイナー・YOONが受賞した。

コムアイは水曜日のカンパネラとして今年初の東京・日本武道館単独公演を成功に収めたほか、連続ドラマ「わにとかげぎす」に出演したり、多くのミレニアルズを起用したドルチェ&ガッバーナの2017、18年秋冬ウィメンズコレクションのショーに日本人でただ1人登場したりと多岐にわたって活躍。彼女はヌーディカラーのビスチェとプリーツスカートの上にビニール素材のコートを羽織ってレッドカーペットを歩き、「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」の報道陣の前に姿を現した。

授賞式で「VOGUE JAPAN」の渡辺三津子編集長からトロフィーを受け取ったコムアイは「最初に聞いたとき、ドッキリかと思いました。こんなに大事な賞を受賞できてうれしいです。実は自分の感覚としては去年のほうがいっぱい働いた感じがあって、今年は水曜日のカンパネラを5年前に始めてから初めて長いお休みを取って、なるべくいっぱい栄養を貯めていこうとした年で。休むとアイデアが生まれて、新しいことに生かして行くという年でした。皆さんにそういうふうに見えていて、受賞につながったのならすごく健康的でよかったなと」とコメント。ファッションポイントについては「もともとスキントーンというか、人間の肌の色をあえて服で着ることが好きで、その上から透明の服を着ているので、服を着ているのかな?という感じです。今年は透明な服や透けている服、肌色の服をよく買っていたので、今年こういうものが好きだったなとあとで振り返れる衣装を選びました」と語った。

最後の代表質問のコーナーでは登壇者たちが来年の抱負を語る場面も。コムアイは「今年は少し海外に行けて様子を見て視察みたいな感じだったので、来年はしっかり海外の人にも印象付けられるような仕事ができたら楽しいなと思っています」と海外進出への意欲を覗かせた。

音楽ナタリーをフォロー