音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「ハイロー3」初日、AKIRAが3年間を振り返る「相方が青柳でよかった」

4308

「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」初日舞台挨拶の様子。

「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」初日舞台挨拶の様子。

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」の初日舞台挨拶が本日11月11日に東京・丸の内ピカデリーにて開催された。

「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」はEXILE TRIBEのエンタテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」の劇場版最新作。本日の舞台挨拶にはAKIRA、青柳翔、TAKAHIRO、黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、佐野玲於、岩城滉一、加藤雅也が登壇し、撮影時のエピソードなどを披露した。

舞台挨拶の冒頭では黒木が、劇中で自身が演じるWhite Rascalsのリーダー・ROCKYの名台詞「パーリータイム!」を発して集まったファンを沸かせる。先輩や大御所俳優と並んだ最年少の佐野は「ライブより緊張していますが(笑)、盛り上げていきたいです」と意気込みを明かした。初日を迎えた感想を尋ねられた琥珀役のAKIRAは、約3年間にわたる「HiGH&LOW」プロジェクトを振り返り「相方が青柳でよかったですね」としみじみ語る。青柳が「3年間ありがとうございました!」と頭を下げると、間に挟まれたTAKAHIROは「間に挟まれて、どうしたら……(笑)」とこぼして笑いを誘った。

印象に残っているシーンを尋ねられると、青柳は小林直己演じる源治との対決中にあるものを手にする場面を挙げ「『わざわざ取ってくる必要あるのか?』って思ったんだけど、監督がどうしてもって言うんで(笑)」と率直な感想を語る。一方、加藤は岩田剛典演じるコブラを拷問にかけるシーンについて「一発も当たってない、かすりもしてないですから。演技ですから! そうですよね岩城さん?」と岩城に同意を求めるが、岩城は「そうだっけ?(笑)」ととぼけてみせた。そんな彼らが演じる九龍会の会長たちのセリフについて、AKIRAは「宿敵ではあるけど、僕の世代からすると大人に刺さるワードがいっぱいある。男でもしびれます」と語った。

黒木が挙げたのは「スタッフさんの愛情」を感じたというエンドロール。「スタッフさんに支えられた作品だなと。素晴らしい役者さんともご一緒できて、役としても人間としても勉強させてもらった」と振り返った。佐野は自身が演じるタケシに、窪田正孝扮するRUDE BOYSのリーダー・スモーキーが「みんなを頼む」と言葉をかける場面を挙げ「その一言に家族への愛が詰まっていて、窪田さんの人間性も表れているのでグッときました」と明かした。

その後は映画の大ヒットを祈願し、これまでの完成披露試写会で出演者たちが目を入れた大きな達磨に書道八段の腕前を持つTAKAHIROが「大ヒット」の文字を入れる。この場面を写真に撮っていた黒木のスマートフォンに電話がかかってくるというハプニングが起き、場内は爆笑に包まれた。最後に出演者を代表してAKIRAが「僕たちも一丸となってがんばってきましたが、ファンの皆さんのおかげでもあります。(「HiGH&LOW」の)歴史が詰まっているし、世界に羽ばたくような映画であってほしい」と挨拶し、イベントを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー