音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

とき宣、5日間連続8公演ライブ完遂!ファイナルで6人の総力見せつける

620

ときめき▽宣伝部「HMV&とき宣Presents ときめきパワーを絞り出せ!渋谷マウントレーニア5日間連続8公演~その先に何がみえる?」“総力”公演の様子。

ときめき▽宣伝部「HMV&とき宣Presents ときめきパワーを絞り出せ!渋谷マウントレーニア5日間連続8公演~その先に何がみえる?」“総力”公演の様子。

ときめき▽宣伝部が昨日11月5日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて5日間連続ライブ「HMV&とき宣 Presents ときめきパワーを絞り出せ! 渋谷マウントレーニア5日間連続8公演~その先に何がみえる?」の最終公演を行った。

“対応力”“団結力”“衣装力”など毎回異なるテーマが設けられ、11月1日より5日間連続で全8公演が行われた今回のライブシリーズ。とき宣の6人は“総力”というテーマを掲げた最終公演で、5日間の集大成となるステージを展開した。

満員の会場が熱気に包まれる中、“衣装力”の公演でお披露目したメンバー考案のガーリーな衣装に身を包んで登場したとき宣。彼女たちは「最終公演、盛り上がっていくぞ!」という小泉遥香の掛け声と共にライブをスタートさせ、“団結力”公演で実施されたリクエストアワードで1位に輝いた楽曲「むてきのうた」を1曲目に披露した。さらにメンバーはランキングでトップ5入りしたナンバーを続けて届け、会場を盛り上げていった。

昨年上演されたとき宣の主演舞台「ゴーラス」のエンディングテーマである「私の道」を力強く歌い上げた6人は、“結束力”公演でメンバーが考案したレモンの被り物を身に付け、「レモンジュース」を歌唱。宣伝部員(とき宣ファンの総称)へのサプライズプレゼントとして、メンバ―の写真撮影が可能な“ロックオンフリータイム”も設定され、場内には驚きと歓喜の声が響きわたった。その後彼女たちは“対応力”公演で使用した「ときめき▽セトリBOX」でくじ引きを行い、グループの全楽曲の中から選ばれた3曲「せきがえのうた」「どどどどどりーまー」「キャラメル」を連続で熱演。続く「初恋サイクリング」はポエトリーリーディングと演技を取り入れた、メンバー考案による“結束力バージョン”で披露された。

ここまで足の怪我をかばいながらパフォーマンスしてきたリーダー・辻野かなみが今回のライブシリーズ8公演の感想をメンバーに問うと、最年少の藤本ばんびは「ステージ上でチョコを食べたり、衣装をプロデュースしたり、いろいろな新しいことに挑戦できた!」と返答。小高サラは「心の中では団結してるってわかっていたけど、実際に団結して作ったものを見せることができてうれしかった」と話し、吉川ひよりは「5日間連続公演、帰り際にファンの皆さんに『また明日ね』と言われて、次の約束がすぐにあるのっていいなと思った」と笑顔で語った。

ライブの後半戦では「まだまだいけますか! みんなの本気を見せてくれ!」という坂井仁香の声を皮切りに、“爆発力”公演で披露されたアップチューンが5曲連続で届けられ、ホールの熱量は一気に高まっていく。11月22日発売のメジャー3rdシングルの表題曲「DEADHEAT」を本編最後に歌唱した6人は、鳴り止まないアンコールの声に応えて、「初恋サイクリング」を従来の振り付けでパフォーマンス。そしてラストナンバー「100%▽オレンジ」で宣伝部員と一緒に会場をオレンジ色のペンライトの光で染め上げ、「5日間本当にありがとうございました!」という感謝の言葉と共に5日間連続ライブの幕を閉じた。

※記事初出時、見出しおよび本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ときめき▽宣伝部「HMV&とき宣Presents ときめきパワーを絞り出せ!渋谷マウントレーニア5日間連続8公演~その先に何がみえる?」「総力」公演 2017年11月5日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE セットリスト

01. むてきのうた
02. そんな毎日
03. ぴょんぴょん
04. フレ!フレ!
05. キタコレ!モーニング
06. 私の道
07. レモンジュース
08. せきがえのうた
09. どどどどどりーまー
10. キャラメル
11. 初恋サイクリング「結束力」スペシャルバージョン
12. 土っキュン▽!!少女
13. せきがえのうた
14. 季節外れのときめき▽サマー
15. ガンバ!!
16. DEADHEAT
<アンコール>
17. 初恋サイクリング
18. 100%オレンジ

※▽は白抜きハートマークが正式表記。

(撮影:篭原和也、早川善博)

音楽ナタリーをフォロー