音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

TERU主催ハロウィンライブでSPYAIR、綾小路翔らが次々コラボ「文化祭みたい!」

340

「GLAY TERU Produce "HALLOWEENDELICS" SPECIAL NIGHT」の様子。

「GLAY TERU Produce "HALLOWEENDELICS" SPECIAL NIGHT」の様子。

TERU(GLAY)主催のハロウィンライブ「GLAY TERU Produce "HALLOWEENDELICS" SPECIAL NIGHT」が10月31日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催された。

仮装したオーディエンスに埋め尽くされた会場にはSPYAIRやGREMLINS、TAKURO(GLAY)、HISASHI(GLAY)と綾小路翔(氣志團)が率いるバンド・恵比寿最速(仮)などが出演し、ハロウィンの夜を楽しんだ。

トップバッターを務めたのは、赤色の衣装に身を包んだGREMLINS。彼らは持ち前のヘビーなサウンドとポップなメロディを響かせ、場内を沸かせていった。MCではHits(Vo, G)が「本日のイベントマスターを呼びたいと思います! TERUさん!」とTERUをステージに呼び込む。彼らはTERUと共にGREMLINSの楽曲「the Carnival」「Fellow Traveler」をコラボレーションした。

続いてハロウィン仕様のメイクを施したSPYAIRが、ステージに登場。MCでIKE(Vo)が「こっちは中学の時から(GLAYを)ずっと聴いてんだよ!」と叫ぶと、白のスーツを着用したTAKUROがステージに姿を現す。IKEは「同じステージに立っている。泣いてもいいですか?」と感動を言葉にし、その後SPYAIRの人気ナンバー「サムライハート(Some Like It Hot!!)」などをTAKUROと共に届けた。さらに今度は主催者のTERUがステージに登場。TERUは「今から一緒にやる曲は、まだ僕が彼らのことを知らない頃、たまたまSPYAIRのフリーライブを通りかかって聴いた曲です。なんてカッコいい曲なんだろうと感じて、いつか一緒にやりたいと思っていました」と語り「現状ディストラクション」をSPYAIRと一緒に歌い上げた。場内のテンションが高まる中、ステージ上のメンバーにGREMLINSが合流しみんなでGLAYの楽曲「グロリアス」を披露。TERUは「何か青臭いね。青春って感じで、文化祭みたい!」と語ったあと、彼が書き下ろしたハロウィンソング「Welcome To The Halloween Town」を届けて会場を盛り上げた。

DJタイムを挟み、ステージに立った恵比寿最速(仮)はパンクロックナンバーで骨太なサウンドを鳴り響かせていく。MCでは綾小路によるトークで会場は爆笑の渦に包まれ、なぜか「グロリアス!」のかけ声で乾杯する場面もあった。そしてこの日のライブの最後には、DJ Mass MAD Izm*が出演者たちの楽曲を巧みにプレイ。SPYAIRの新曲「スクランブル」が流れるとSPYAIR、TERU、TAKURO、GREMLINSがステージ上に再集結した。さらにTOKI(C4)がステージに登場し、イベントはラストスパートに突入。彼らはGLAYのアッパーチューン「彼女の"Modern…"」などをコラボレーションした。続いてステージに恵比寿最速(仮)も合流し、彼らは氣志團の楽曲「One Night Carnival」を全員で合唱。綾小路のダンスに合わせてTERUらも踊り、お祭り感のあるステージを繰り広げた。その後彼らがラストナンバーとしてGLAYの楽曲「HIGHCOMMUNICATIONS」を披露すると、オーディエンスは力強く拳を突き上げる。会場の熱気は高まったまま、ハロウィンライブの幕が下ろされた。

音楽ナタリーをフォロー