音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

奥田民生が宅録レコーディングを解説「カンタンカンタビレ」

1005

奥田民生「カンタンカンタビレ」第1弾動画のワンシーン。

奥田民生「カンタンカンタビレ」第1弾動画のワンシーン。

奥田民生が新プロジェクト「カンタンカンタビレ」を始動。この第1弾となる映像をYouTubeにて公開した。

「カンタンカンタビレ」は奥田がさまざまなアーティストに提供してきた楽曲のセルフカバーを宅録スタイルでDIYレコーディングする様子を、動画を通じて自ら解説するプロジェクト。第1弾では2015年にCharに提供した「トキオドライブ」のレコーディングについて解説する。

本日10月26日に公開された映像では、今回のレコーディングで使用する機材として現在は入手困難なアナログ1/2inchテープを用いる8トラックオープンリールテープレコーダーのTEAC 33-8と、アナログミキサーのTASCAM M-208を紹介。次回以降はギター、ベース、ボーカル、コーラスなどのレコーディング作業やミックス作業を奥田自らが解説しながら進める。

「トキオドライブ」の解説映像は本日10月26日から11月1日まで、毎日18:00に全7本にわたって公開。完成した音源の配信リリースも予定されている。

音楽ナタリーをフォロー