音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

GLIM SPANKY、松坂桃李主演「不能犯」主題歌担当「インパクト大な衝撃的な一曲」

616

2018年2月1日に全国公開される映画「不能犯」の主題歌をGLIM SPANKYが担当することが明らかになった。

「不能犯」は松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題を集めている“新感覚スリラーエンターテインメント”作品。今作でメガホンを取った白石晃士監督が松尾レミ(Vo, G)の歌声に惚れ込み、GLIM SPANKYに白羽の矢が立った。オファーを受けたGLIM SPANKYは映画主題歌として新曲「愚か者たち」を書き下ろし。「愚か者たち」は「不能犯」の本予告映像に使用されているので、気になる人はチェックしてみよう。

この楽曲を聴いた白石監督は「松尾レミさんのしゃがれた歌声から感じるのは、ダルさと情熱、諦念と希望などの、陰と陽がひしめき合う魅力です。それはまさに絶望と希望の狭間で翻弄する映画『不能犯』が求める歌声でした。これ以上ない主題歌がビシッとハマり、映画のラストを優しい鋭さで観客へと突きつけます。最高です」とコメント。松尾は「人間の生々しさが渦巻く映画にどんな楽曲を書けばいいか、この映画とGLIM SPANKYをどうやってリンクさせるか色々と考えるのが楽しかったです。映画にピッタリの楽曲ができたと思います。お楽しみに!」、亀本寛貴(G)は「映像や原作を拝見させていただいて楽曲を書き下ろさせていただきました。『不能犯』にピッタリのインパクト大な衝撃的な一曲になったと思います!」と自信を窺わせている。

音楽ナタリーをフォロー