音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ゆず、久保田利伸、Suchmos、SHISHAMOらが彩った「SLS」最終日

694

ゆず(撮影:西槇太一)

ゆず(撮影:西槇太一)

スペースシャワーネットワーク主催の野外フェス「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017」が8月25~27日に山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された。ここでは最終日公演の模様をレポートする。

LAKESIDE STAGEの幕を開けたのはSHISHAMO。彼女たちは「ラブシャ!」「イエーイ!」というコール&レスポンスで盛り上げると「好き好き!」へ。「量産型彼氏」ではポップなサウンドとは裏腹に、間奏でクールなプレイを見せる。一方でMCでは客席エリアにライブを楽しむ子供を見つけてはしゃぐ場面も。後半はファンがタオルを回して場内を彩った「タオル」や疾走感あふれる「君と夏フェス」を連投。最後に打ち込みのホーンサウンドがここちよく楽曲を飾った「明日も」を届けた。青空を見上げて「フェス日和だね」と喜んだきゃりーぱみゅぱみゅは、赤と青を基調としたチャイナドレス風の衣装に身を包み登場。キョンシーをダンサーとして引き連れ、「インベーダーインベーダー」「きらきらキラー」といったナンバーをキュートにパフォーマンスしていく。レキシはイルカのフロートを手にステージへ。“イルカの歌”として1曲目にプレイした「KMTR645」では客席エリアにいくつものイルカのフロートが投げ込まれ、夏らしい光景が広がった。「狩りから稲作へ」では池田貴史が揺れる稲穂を見て「稲穂シャワー……いや、これが本当の“ライスシャワー”です!」と満足げに語る。さらに曲間にはこの日のトリを務めるゆずの「夏色」のメロディに乗せて「この長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて 稲穂をいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり降ってるー」と替え歌を作ってみせオーディエンスの笑いを誘った。

2007年以来の「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」出演となったCoccoは、ひまわりの花束を抱えて駆け込むようにMt.FUJI STAGEへ。「強く儚い者たち」をのびやかに歌い上げると、続いてアコギに乗せて「Raining」を軽やかに歌唱。吹き込む風を浴び、しなやかに体を揺らして歌い上げていった。ひときわ力強い演奏と共に「愛うらら」を届けると「今までの歌手人生の中で一番風が気持ちいいです。ありがとう」と短く挨拶。最後にスペーシーな打ち込みサウンドに乗せた「音速パンチ」で盛り上げて、笑顔でステージを去った。Mt.FUJI STAGEにあふれんばかりの人を集めたのはSuchmos。YONCE(Vo)が「グッドバイブスをお届け!」と呼びかけ、バンドは「YMM」「Miree」でオーディエンスの体を揺らしていく。「Miree」では「終電で繰り出してラブシャで待って」と歌詞の一部を変えてオーディエンスを喜ばせた。ダビーなリフが印象的な「FACE」では徐々に激しくなっていく演奏にあわせてYONCEのボーカルも熱を帯びていく。ラストナンバー「OVERSTAND」ではグルーヴィなプレイで観客を酔わせた。

FOREST STAGEにはAge Factory平井大never young beachYogee New WavesOKAMOTO'Splentyが、WATERFRONT STAGEには阪本奨悟とPAELLASが登場。平井は夏らしいサウンドでファンを魅了し、PAELLASは湖のほとりで軽快な演奏を届けた。

後半のLAKESIDE STAGEにはDragon Ash、[Alexandros]とロックバンドが続く。Dragon AshのKj(Vo, G)は「さわやかなロケーションに、さわやかなアーティストさんたちがいっぱいの中、ひときわ異彩を放って申し訳ないと思ってるんですけど」と笑いつつ、「Dragon Ashのときだけゴツいセキュリティがいるから大丈夫」と言い、バンドは「The Live」「Fantasista」といった激しいロックチューンでオーディエンスの熱狂を煽った。[Alexandros]はビビッドな照明で彩られたステージで「ワタリドリ」「Adventure」といったナンバーを続ける。川上洋平(Vo, G)はステージを縦横無尽に動き回り、それでも足りないとばかりにセットによじ登り遠くのファンにも視線を送っていた。

Mt.FUJI STAGEのトリを務めたのは、「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」初出演の久保田利伸。バックバンドの繰り出すアンサンブルに乗せてゆっくりとステージに姿を現した彼はコールアンドレスポンスで場内を盛り上げたのち、ゆっくりと「LA・LA・LA LOVE SONG」の冒頭のフレーズを歌い始める。すると場内には大歓声が発生。久保田がテンポを上げて「LA・LA・LA LOVE SONG」を歌い続けるとオーディエンスも大合唱で応えた。静岡出身の久保田は「僕は富士山を見ながら育ちました」と富士山へ思いを馳せる。そしてこの日は雲がかかってステージから富士山が望めないことを嘆きつつも「今日は僕の心に、皆さんの心にデッカいデッカい富士山を描きながら楽しみましょう」と呼びかけ、さらにバラード「Missing」、タイ・スティーブンスとのツインボーカルで魅了した「SUKIYAKI ~Ue wo muite arukou~」などを惜しみなく歌い上げた。

3日間の大トリとしてLAKESIDE STAGEに現れたのは、久保田同じく「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」出演となったゆず。北川悠仁が客席エリアをぐるりと見渡して「やっと来れたー!」と声を弾ませたのち、2人は「サヨナラバス」「少年」と初期のナンバーを続けた。さらに「虹」でオーディエンスの大合唱を聴いた北川は「みんないい声!」と笑顔を見せる。中盤には最新曲「愛こそ」「タッタ」を届けて現在のモードを見せる。「タッタ」では振り付けをレクチャーし、ゆずのライブを初めて観る人が大半であるこの日の観客を楽しませた。さらに1998年6月のスペースシャワーTVのPOWER PUSH!曲だったという「夏色」をハイテンションで届けたのち、最後に2人は「栄光の架橋」をプレイ。ステージ横のビジョンには歌詞が映し出され、大合唱で3日間にわたった「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017」の幕を下ろした。

なおこの日の模様はスペースシャワーTVにて10月22日(日)21:00より放送される。

スペースシャワーTV「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017 Day1 / Day2 / Day3」

DAY1

2017年10月20日(金)21:00~24:00
※リピート放送予定あり

DAY2

2017年10月21日(土)21:00~24:00
※リピート放送予定あり

DAY3

2017年10月22日(日)21:00~24:00
※リピート放送予定あり

※記事初出時、曲名表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

(c)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

音楽ナタリーをフォロー