小松未可子、新たな地図を手に回った3年ぶりツアーで「すごく幸せです」

1163

小松未可子のライブツアー「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」の最終公演が、8月12日に東京・LIQUIDROOMで行われた。

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)

大きなサイズで見る(全14件)

小松未可子「Blooming Maps」通常盤ジャケット

小松未可子「Blooming Maps」通常盤ジャケット[拡大]

Blooming Maps(初回限定盤)

小松未可子「Blooming Maps(初回限定盤)」
Amazon.co.jp

Blooming Maps(通常盤)

小松未可子「Blooming Maps(通常盤)」
Amazon.co.jp

5月に発売された最新アルバム「Blooming Maps」を携え、東名阪の3都市4会場で展開された今回のツアー。みかこしにとっては2ndアルバム「e'tuis」発売後の2014年夏以来、およそ3年ぶりのワンマンツアーとなった。今回のツアーでは、アルバム「Blooming Maps」の全面プロデュースを手がけたクリエイター集団・Q-MHzの一員でもある黒須克彦(B)をはじめ、鈴木浩之(Dr / U&DESIGN、GOLIATH、QUADRANGLE)、今井隼(Key)、新井弘毅(G)という強力なメンバーからなる“小松未可子バンド”が彼女のパフォーマンスを支えた。

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)[拡大]

千秋楽のステージは、アルバム「Blooming Maps」のオープニングナンバー「また、はじまりの地図」で幕開け。さわやかなピアノの旋律からバンドアンサンブルになだれ込むとフロアは一気に湧き上がり、アップテンポな「Imagine day, Imagine life!」「エンジェルナンバー」でライブは冒頭から大いに盛り上がった。

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)[拡大]

Maybe the next waltz(初回限定盤)

小松未可子「Maybe the next waltz(初回限定盤)」
Amazon.co.jp

Maybe the next waltz(通常盤)

小松未可子「Maybe the next waltz(通常盤)」
Amazon.co.jp

「今日でツアーファイナル、最後まで楽しんでいってください!」と簡単に挨拶を済ませたみかこしは、汗を拭う間もなく「Infinity Sky」「純真エチュード」「ランダムメトロノーム」を3連発。ひと呼吸置いたあとの「硝子の地球儀」は同期で多重コーラスを加え、アルバム音源のメランコリックなムードがライブで再現された。1曲で場内のムードを一変させたみかこしだったが、「まだまだいけますか? 新曲やってもいいですか?」と、ここで8月9日発売の最新シングル「Maybe the next waltz」から、ハードなロックナンバー「Tornado voice」で再びフロアの熱気を引き上げる。さらにQ-MHzとのコラボナンバー「short hair EGOIST」、「Blooming Maps」からの「だから返事はいらない」「流れ星じゃないから」を矢継ぎ早に畳みかけた。

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)

「小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps"」最終公演の様子。(撮影:森久)[拡大]

バラード「Sky message」まで合計13曲を歌ったところで、みかこしはようやく長めにMCの時間を取り、このツアーを振り返る。「『次はああしよう』と考えながら作っていくのはライブツアーならではの醍醐味で。また今年はいつも以上にライブが多くて、間を空けずに歌う環境は刺激的です。過去に歌ってきた歌たち、自分で書いた歌詞、どれもそのときどきのテーマがあるけど、歌った瞬間に過去の自分からのメッセージになるような、みんなからのお手紙でもあるような。そんな素敵な空間に出会えて……『Blooming Maps』ツアー、すごく幸せです」と笑顔を浮かべたみかこしは、fhanaとのコラボナンバー「My sky Red sky」でライブを再開。「Catch me if you JAZZ」「HEARTRAIL」でフロアはこの日最高潮の盛り上がりを見せた。最後はアルバムのラストナンバー「my dress code」で締めくくられたが、ほどなく盛大な「みかこし!」コールが上がり、再度ステージに上がったみかこしは最新シングル表題曲「Maybe the next waltz」と「Starry Rally」「Lonely Battle Mode」の3曲を披露した。

みかこしの次回のワンマンライブは、11月4日に東京・赤坂BLITZで開催されるバースデーライブ「ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭(バースデー)~”」。このライブではテレビアニメ「名探偵コナン」にまつわる楽曲のカバーも披露されるとのこと。今回のツアーとはひと味違う「ハピこし!ライブ」ならではのステージに期待しよう。

この記事の画像(全14件)

小松未可子TOUR 2017 "Blooming Maps" 最終公演
2017年8月12日 LIQUIDROOM セットリスト

01. また、はじまりの地図
02. Imagine day, Imagine life!
03. エンジェルナンバー
04. Infinity Sky
05. 純真エチュード
06. ランダムメトロノーム
07. 硝子の地球儀
08. ふれてよ
09. Tornado voice
10. short hair EGOIST
11. だから返事はいらない
12. 流れ星じゃないから
13. Sky message
14. My sky Red sky
15. Catch me if you JAZZ
16. HEARTRAIL
17. my dress code
<アンコール>
18. Maybe the next waltz
19. Starry Rally
20. Lonely Battle Mode

ハピこし!ライブ2017“名探偵コマツ ~探偵たちの聖誕祭~”

2017年11月4日(土)東京都 赤坂BLITZ

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

小松未可子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 小松未可子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。