「何も間違っていなかった」藤原さくら、ホールツアー千秋楽で充実プレイ

418

藤原さくらが昨日7月22日に東京・中野サンプラザホールにて、ワンマンツアー「藤原さくら ワンマンツアー 2017『PLAY』」の最終公演を行った。

藤原さくら「藤原さくら ワンマンツアー 2017『PLAY』」東京・中野サンプラザホール公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

藤原さくら「藤原さくら ワンマンツアー 2017『PLAY』」東京・中野サンプラザホール公演の様子。(撮影:田中聖太郎)

大きなサイズで見る(全5件)

最新アルバム「PLAY」を携えて開催された今回のツアー。最終公演には関口シンゴ(G / Ovall)、Shingo Suzuki(B / Ovall)、mabanua(Dr / Ovall)、Kan Sano(Key)という強力な面々が参加し、藤原は彼らと息の合ったプレイを奏でたり、MCでは軽口を叩き合ったり、楽しげなパフォーマンスで満員の観客を魅了した。

藤原さくら(撮影:田中聖太郎)

藤原さくら(撮影:田中聖太郎)[拡大]

ライブが始まりステージ後方のカーテンが開くと、夏らしいさわやかなパンツルックの藤原の姿が。ショーの始まりを告げる華やかな演出に会場が沸く中、彼女は「Someday」「SPECIAL DAY」「Walking on the clouds」といった軽快なポップチューンを連続で披露して、ホールを朗らかな空気で包み込んだ。

彼女は最初のMCで「ただいま!」と元気いっぱいに挨拶し、週5でジムに通い体脂肪率が18%になったことを報告。「ムキムキな藤原と一緒に楽しんでくれますか?」と語り、ステージ中央の階段に座りメランコリックな「play with me」をパフォーマンスする。その後もカントリー調のアレンジを施した「1995」やクールな一面を見せるブルージーな「My Way」などタイプの異なる曲を届けていった。中盤のMCでは「(出会いには)全部意味があって、この人があるから今の自分があるって思えるほうがいい」と真面目なことを語りながら、本番前に行われたカードゲームで敗者となった関口が罰ゲームで楽屋エリアをスキップさせられていたことを暴露するなどリラックスしたトークを繰り広げていた。

藤原さくら(撮影:田中聖太郎)

藤原さくら(撮影:田中聖太郎)[拡大]

ライブの後半では自身の代表曲「好きよ 好きよ 好きよ」や「Soup」、スピッツの「春の歌」のカバーを歌い上げた藤原。スポットライトの下で披露した「はんぶんこ」では、優しい空気を紡ぎオーディエンスを惹き付ける。そして「みんなの顔を見ていたら(自分がやってきたことが)何も間違っていなかったんだなって。目が合って、すごく深く感じます」と語り、「みんなの明日が素敵な日でありますように」という言葉に続いて本編のラストナンバー「You and I」をファン1人ひとりに届けるように丁寧にパフォーマンスした。

「さくらコール」に呼ばれてステージに再登場した藤原は、自身を支えてくれた現場マネージャーが異動になることを明かす。そしてマネージャーのために、インディーズ時代の「Ellie」を弾き語った。その後、バンドメンバーを呼び込み、ロックテイスト全開の「Necklace」、躍動感たっぷりの「『かわいい』」をプレイ。アットホームな空気を作り出してツアーファイナルを彩った。

なお、各サブスクリプションサービスでは、ツアーファイナルのセットリストをもとにしたプレイリストを配信中。また8月12日(土)にはWOWOWにてライブの模様がオンエアされる。

この記事の画像(全5件)

藤原さくら「藤原さくら ワンマンツアー 2017『PLAY』」2017年7月22日 中野サンプラザホール セットリスト

01. Someday
02. SPECIAL DAY
03. Walking on the clouds
04. play with me
05. 1995
06. 赤
07. My Way
08. 好きよ 好きよ 好きよ
09. sakura
10. play sick
11. はんぶんこ
12. 春の歌
13. BABY
14. Soup
15. You and I
<アンコール>
16. Ellie
17. Necklace
18. 「かわいい」

WOWOWライブ「藤原さくらワンマンツアー2017『PLAY』」

2017年8月12日(土)21:00~22:30

全文を表示

関連記事

藤原さくらのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 藤原さくら / Ovall の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。