音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

櫛引彩香、気心知れた仲間たちと2ndアルバム「Essential」をライブで再現

177

「櫛引彩香『Essential』完全再現ライブ」の様子。

「櫛引彩香『Essential』完全再現ライブ」の様子。

櫛引彩香の2ndアルバム「Essential」の発売15周年を記念したワンマンライブが、7月15日に東京・北とぴあ ドームホールで開催された。

アルバム「Essential」がリリースされたのは2002年5月。草野マサムネ(スピッツ)の提供曲「帰り道」をはじめ、高野寛、鈴木祥子、茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)、鈴木正人(LITTLE CREATURES)、カジヒデキ、木村ひさし、田上修太郎(SCAFULL KING、FRONTIER BACKYARD)、増渕謙司(SCAFULL KING、FRONTIER BACKYARD)ら多彩なアーティストを迎えて制作された12曲が収録されている。発売から15年を経て行われた今回のライブでは、「Essential」や1stアルバム「mush☆room」に参加していたエマーソン北村(Key / シアターブルック)、松田“CHABE”岳二(Perc / CUBISMO GRAFICO)、鹿島達也(B)、楠均(Dr / KIRINJI)、真城めぐみ(Cho / ヒックスヴィルましまろ)、中森泰弘(G / ヒックスヴィル、ましまろ)、國見智子(Tp / Wack Wack Rhythm Band)の演奏でアルバムの全12曲が再現された。

ロウソクの灯りを思わせるスタンドライトが並ぶステージで、櫛引とバンドメンバーはまず「両者の対立」「Cycle」「ヤメテ」の3曲を立て続けに披露。アルバムの編曲を基本にしながら、ライブならではのアレンジを効かせた演奏で楽しませた。気心知れたメンバーに囲まれた櫛引は終始リラックスムードで、MCでは地元青森の訛りを交えながらメンバーを紹介して場内を和ませた。ゆるやかなMCを挟みつつライブは進行し、さくさく進めようとする櫛引を「そんな早く進めると今日のライブはすぐ終わっちゃうよ」と真城が引き止める場面も。エマーソンのキーボードと打ち込みトラックのみで演奏された「ブルーの涙」では「今思えばなんでそんな録り方をしたのかわからないですけど……」と、DATを使用して外で歌録りをしたという当時のレコーディング秘話が明かされた。「ブルーの涙」の音源には、道路を走るバイクの音などの環境音がそのまま収録されている。

「Essential」の全12曲を曲順通りに歌い終えた櫛引。アンコールでは最新アルバム「Sans Toi M'amie サン・トワ・マミー ~シャンソンを歌う~」に収められたシャンソンのスタンダードナンバー「サン・トワ・マミー」を歌いながら客席通路を歩き、ゆっくりとステージへ。その後は事前に募った「Essential」以外の楽曲のリクエストから上位3曲が披露された。リクエストのトップ3は「空」「雨のち晴れ」「いつもの気分で」の3曲。櫛引は改めてバンドメンバー1人ひとりを紹介し、笑顔でステージをあとにした。

櫛引の最新作「Sans Toi M'amie サン・トワ・マミー ~シャンソンを歌う~」のCDは、彼女がメンバーとして在籍するバンド・MINEのオフィシャルサイトおよびライブ会場で販売中。音楽配信サイト・OTOTOYではダウンロード購入が可能だ。

櫛引彩香「Essential」完全再現ライブ
2017年7月15日 北とぴあ ドームホール

01. 両者の対立
02. Cycle
03. ヤメテ
04. Brand-new me, Brand-new morning
05. 恋をした日々
06. Big Yellow Taxi
07. 雨があがれば
08. サニーデイ
09. ブルーの涙
10. 帰り道
11. ティアラ
12. 幸せ者
<アンコール>
13. サン・トワ・マミー
14. 空
15. 雨のち晴れ
16. いつもの気分で

音楽ナタリーをフォロー