音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SCANDAL、初の47都道府県ツアー完走「この瞬間が大好きだからバンドを続けてる」

3201

SCANDAL「SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』」東京・チームスマイル・豊洲PIT公演の様子。(撮影:中島真)

SCANDAL「SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』」東京・チームスマイル・豊洲PIT公演の様子。(撮影:中島真)

SCANDALが昨日7月17日に47都道府県ツアー「SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』」の最終公演を東京・チームスマイル・豊洲PITで行った。

バンド結成10周年を記念して2月に発売したベストアルバム「SCANDAL」を携え、3月から初の47都道府県ツアーを行っていたSCANDAL。彼女たちは53公演目となる豊洲PITにて、ベストアルバムに収められている新旧のナンバーを披露しオーディエンスを楽しませた。HARUNA(Vo, G)の「ツアーファイナルへようこそ!」という歓迎の言葉から「SCANDAL BABY」でライブがスタートすると、場内はさっそくオーディエンスの大合唱で包まれる。RINA(Dr, Vo)とTOMOMI(B, Vo)による骨太サウンドが際立つ「瞬間センチメンタル」では、さらにMAMI(G, Vo)がステージ前方でキレのあるギターソロを披露し、「EVERYBODY SAY YEAH!」ではHARUNAがオーディエンスとコール&レスポンスを披露するなど、4人は序盤からフロアの熱気をぐんぐんと上昇させていく。

「いやー、パンパンの豊洲PITを前にニヤニヤが止まりません」とうれしそうなHARUNAは、「全国のパワーをいっぱい吸収して帰ってきました! 言わなくてもわかってると思うけど、あえて言うよ? うちら今日気合い入ってます! その気合いに応えてくれないと今日は終われないから、最後までよろしくお願いします!」とファンに改めて挨拶する。ミディアムチューン「夜明けの流星群」でゆったりと始まったブロックは、メンバーそれぞれがアグレッシブなソロプレイを見せた「少女S」で空気が一変。HARUNAが「騒げ東京ー!」とシャウトすると、TOMOMIのブリブリしたベースがオーディエンスを鼓舞した「Flashback No.5」、フロント3人がステップを踏んだオリエンタルなダンスロックナンバー「テイクミーアウト」とアッパーな楽曲が連投される。

HARUNAは会場が大いに盛り上がる様子に「いくらファイナルだからってさ、気合い入れすぎじゃない?」と、先ほどの自身のMCとは矛盾したコメントをしながらうれしそうに笑う。また「テイクミーアウト」の曲中に転倒するというアクシデントのあったMAMIも「気合い入れすぎた」とつぶやいて観客の笑いを誘った。4人それぞれのツアーの思い出話が和やかな空気感で届けられたあと、ライブはTOMOMIがメインボーカルを務めるミディアムチューン「ビターチョコレート」で再開。さらに「HELLO」とゆったりとしたナンバーが続き、オーディエンスはじっくりと彼女たちの演奏を味わった。

ライブ終盤、HARUNAは改めてツアーを振り返り「家に帰れなくてしんどいときもあったけど、みんなと会ってる時間が最高すぎてライブもツアーもやめられないんだと思う。この瞬間が大好きだからバンドを続けてるんだと思う」と真摯に語りつつ、「ツアーは終わるけど、うちらの旅はまだまだ続きます。つらいことがあったらまたこうやって帰って来られる、みんなの背中を押してあげられる場所をたくさん作っていきたい! だからこれからもずっと、私たちについてきてください」と呼びかけた。「後半戦、飛ばしていきますよ! 最後まで暴れて行こうぜ!」というHARUNAの言葉から突入した最後のブロックでは、エッジィな「FREEDOM FIGHTERS」やMAMIがメインボーカルを担当する「声」、4人がユニゾンする「太陽スキャンダラス」といったロックナンバーが続き、オーディエンスを再度ヒートアップさせていく。MAMIの歪んだギターサウンドを皮切りに演奏されたラストナンバー「DOLL」では、ファンが回すタオルが会場をカラフルに彩っていた。

アンコールでは、10月にUNISON SQUARE GARDEN、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTをそれぞれ招いた東名阪ツアーが行われることが発表された。HARUNAはSCANDAL初となる対バンツアーについて「ワンマンをやってきたからこそ私たちとみんなのグルーヴができあがってきていると思います。だからほかのバンドのファンの方にもそれを観てほしいし、みんなにもほかのバンドのライブを観てほしいと思います」とコメントした。

今回の全国47都道府県ツアーでは、全公演セットリストを変えてライブを行ったSCANDAL。HARUNAが「今日のセトリは豊洲PITスペシャル。もうちょっとお届けしたいと思います」と呼びかけると、バンドはアンコールで「Image」「LOVE SURVIVE」の2曲を披露しオーディエンスを喜ばせた。そしてメンバーがうしろを向き、ファンと共に集合写真を撮ろうとすると、突如ステージ後方のスクリーンにサプライズで映像が流れ始めた。この映像にはツアー各地の集合写真と共に「完走おめでとう」の文字映し出され、メンバーは「やられたー」と微笑みながらも涙を見せる。HARUNAは「47都道府県ツアーってこんなに達成感があるのね。やってみないとわからなかった」としみじみと述べ、「今日も最高のライブをありがとうございました!」とRINA、TOMOMI、MAMIと共に観客に向けて深く礼をしていた。

なおSCANDALのオフィシャルファンクラブ「SCANDAL MANIA」では、10月に行われる対バンツアーのチケット先行予約を7月24日まで受付中。

関連する特集記事

SCANDALベストアルバム「SCANDAL」インタビューPR

SCANDAL「SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』」2017年7月17日 チームスマイル・豊洲PIT セットリスト

01. SCANDAL BABY
02. 瞬間センチメンタル
03. EVERYBODY SAY YEAH!
04. 夜明けの流星群
05. 少女S
06. Flashback No.5
07. テイクミーアウト
08. ビターチョコレート
09. HELLO
10. Sisters
11. FREEDOM FIGHTERS
12. 声
13. 会わないつもりの、元気でね
14. 太陽スキャンダラス
15. DOLL
<アンコール>
16. Image
17. LOVE SURVIVE

SCANDAL TOUR 2017「SCANDALの対バンツアー」

2017年10月6日(金)東京都 Zepp Tokyo
<出演者>
SCANDAL / UNISON SQUARE GARDEN

2017年10月20日(金)愛知県 Zepp Nagoya
<出演者>
SCANDAL / 04 Limited Sazabys

2017年10月21日(土)大阪府 Zepp Osaka Bayside
<出演者>
SCANDAL / BLUE ENCOUNT

音楽ナタリーをフォロー