音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46「あさひなぐ」映画版キャストが舞台版会場に登場、14人でなぎなた披露

3312

乃木坂46

乃木坂46

9月22日に全国公開される、乃木坂46出演の映画「あさひなぐ」のキャスト発表イベントが、本日5月30日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて行われた。

「あさひなぐ」は、なぎなたに青春をかける女子高生たちの成長物語で、こざき亜衣によるマンガが原作。このたび乃木坂46メンバー出演による舞台化および映画化が実現し、それぞれに異なるメンバーがキャスティングされた。今回のキャスト発表イベントは舞台版「あさひなぐ」の上演後に実施され、舞台版と映画版を合わせた総勢14人が顔をそろえた。

映画版ではすでに発表されていた主人公・東島旭役の西野七瀬と彼女の憧れの先輩・宮路真春役の白石麻衣のほかに、旭と同じく1年生でなぎなた部に入部する八十村将子を桜井玲香、紺野さくらを松村沙友理、2年生の野上えりを伊藤万理華が、ライバル校の1年生エース・一堂寧々を生田絵梨花が演じることが明らかになった。さらに、旭の同級生役として中田花奈と斉藤優里も作品に出演する。

メンバーは舞台上でそれぞれに役を演じた感想を語った。桜井は役作りのため初めて金髪にしたと説明し「『(将子役は)自分にできるかな』と思ったけど、何かに一生懸命打ち込むってこんなに清々しい気持ちになるんだなと思いました」とコメント。白石は「練習の段階から先生に『真春は厳しくいくよ』と言われて(笑)。試合数も多かったし覚えるのは大変だったけど、やっていくうちに『なぎなたっていいな』って思えるようになりました」と笑みを見せる。生田は「一堂は旭のライバルでなぎなたが強くて、とにかく負けず嫌い。動作を紙に描いたり動画に撮ったりして頭の中に入れて、それを反復する作業がテスト勉強みたいでした」と自身の記憶法を明かしながら撮影を振り返った。

また登壇の14人はこの日限りの演目として、なぎなたの型である「団体基本」を披露。伊藤の掛け声で息の合ったなぎなたさばきを見せ、観客の歓声を誘った。最後には明日5月31日に千秋楽を迎える舞台チームへ、映画チームが差し入れとして実際に現場で使用していたクーラーボックスを贈り、これを受け取った齋藤は笑顔で「ありがとう」とひと言。西野は締めのコメントを求められ「舞台と映画、両方を乃木坂46で盛り上げていけたらと思います!」と語っていた。

(c)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (c)2011 こざき亜衣 / 小学館

音楽ナタリーをフォロー