音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

スガシカオ、星野源主演ドラマで演技初挑戦「20周年でビックリすることを」

3206

「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」のワンシーン。

「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」のワンシーン。

WOWOWプライムで今夏放送される星野源主演の連続ドラマ「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」に、スガシカオが出演する。

誉田哲也の小説を原作としたこのドラマは、訳ありの住人が集まるシェアハウス「プラージュ」で起こる騒動を描く群像ミステリー。星野は軽い気持ちで覚せい剤に手を出し逮捕されてしまう主人公の吉村貴生を演じる。さらにシェアハウスのオーナーを石田ゆり子が演じるほか、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦が共演者として名を連ねる。

演技初挑戦のスガが扮するのは、殺人罪で服役しながらも再審請求を行った男・加藤友樹。友樹は頬から首筋に大きな火傷痕を持ち、心に暗い闇を抱えている。今回のドラマ出演についてスガは「今年デビュー20周年を迎えて、みんながビックリするようなことをやってみたいと思いました。源ちゃんとゆり子さんがよく知っているおふたりだったので、気楽にお話を受けようかと考えたのが最初です」と語り、自身が演じる友樹について「無感情で全て諦めているような感じで、あんまり積極的な発言が無いキャラクターです」「ほとんど会話がないので、逆に難しく思いました」とコメントしている。

音楽ナタリーをフォロー