Perfume、9mm、Dragon AshでSOL学園祭ツアー閉幕

昨日9月20日に東京・Zepp Tokyoにて「YOUNG FLAG 09」のツアーファイナルとなる東京公演が開催され、Dragon Ash9mm Parabellum BulletPerfume、そしてオープニングアクトとして登場した間々田優が白熱のライブを披露した。

会場に集まった人々から「ハッピーバースデートゥーユー」を歌ってもらいよろこぶのっち。ちなみにかしゆかの誕生日は12月23日、あ~ちゃんの誕生日は2月15日なので覚えておこう。

会場に集まった人々から「ハッピーバースデートゥーユー」を歌ってもらいよろこぶのっち。ちなみにかしゆかの誕生日は12月23日、あ~ちゃんの誕生日は2月15日なので覚えておこう。

大きなサイズで見る(全22件)

9月9日に行われた日本武道館公演以来のライブとなった9mm Parabellum Bullet。破竹の勢いで快進撃を続ける彼らならではの、インパクトの強いステージが繰り広げられた。

9月9日に行われた日本武道館公演以来のライブとなった9mm Parabellum Bullet。破竹の勢いで快進撃を続ける彼らならではの、インパクトの強いステージが繰り広げられた。

大きなサイズで見る(全22件)

キャリアの重みを感じさせるDragon Ashのパフォーマンス。IKÜZÖNEがライトセーバーを使ってベースを弾く姿も印象的だった。

キャリアの重みを感じさせるDragon Ashのパフォーマンス。IKÜZÖNEがライトセーバーを使ってベースを弾く姿も印象的だった。

大きなサイズで見る(全22件)

イベントの最後に登場したやましげ校長は黒板に「ワスレテモ イイ」と書き、「今という瞬間は君の心に深く刻まれているので、想い出は踏み台にして次へ向かってください」とメッセージを贈った。

イベントの最後に登場したやましげ校長は黒板に「ワスレテモ イイ」と書き、「今という瞬間は君の心に深く刻まれているので、想い出は踏み台にして次へ向かってください」とメッセージを贈った。

大きなサイズで見る(全22件)

「YOUNG FLAG 09」は、TOKYO FMほかJFN系38局ネットで放送されているラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」の企画により、全国4都市のZepp会場で行われたイベント。各地の公演で出演アーティストが異なり、福岡ではASIAN KUNG-FU GENERATION、チャットモンチー、ストレイテナー、札幌ではHY、サカナクション、Base Ball Bear、大阪ではBEAT CRUSADERS、THE BACK HORN、lego big morlなどがライブを繰り広げていた。

このツアーの締めくくりとなるZepp Tokyo公演では、まずやましげ校長(山崎樹範)とやしろ教頭(家城啓之)が旗やビーチボールなどを持ってステージに登場し、客席に集まった「SCHOOL OF LOCK!」の生徒たちに挨拶。興奮した校長がフロアにダイブしてクラウドサーフを始めると、教頭はかわいそうなものを見るように「みなさん触ってあげてください! いま彼は仕事で大事な時期です!」と促した。ライブ開始に向けてさらに会場を温めるべく、2人は「男子ー! 女子ー! そうでない人ー!」というコール&レスポンスを実施。「Perfumeの持ちネタを先にやってやったぜ!」と満足げな表情を浮かべた。

オープニングアクトを務めた間々田優は、心の闇を赤裸々につづった歌を壮絶なボーカルで表現。エモーショナルなバンド演奏をバックにアコースティックギターをかき鳴らしながらステージを駆け回り、その独特の世界観で会場の雰囲気を一変させた。しかし、その楽曲とは裏腹にMCでははつらつとした愛らしいキャラクターが全開。2曲目では「Perfume姉さんすいません! 先に踊らせていただきます」と宣言して、アイドル稼業の悲哀を表現した新曲「アイドル」を歌いながらブリブリのダンスを踊り、最前列の観客と握手をしてまわった。

続いてライブを行ったのは現在ツアー真っ只中のPerfume。耳をつんざくような「edge」のビートが鳴り響く中で3人がステージに現れ、この日のライブは「ワンルーム・ディスコ」からスタート。暗闇の中で発射された緑色のレーザー光線は曲にあわせて変幻自在に動きまわり、息つく間もなく「I still love U」が披露された。スタンディングのライブハウスではひさびさのパフォーマンスとなるだけに、集まったファンもヒートアップ。あまりのフロアの過熱ぶりを感じたあ~ちゃんが「怪我だけはホンマやめよ?」と落ち着かせ、観客に一歩ずつ下がってもらうように促す一幕もみられた。

その後も最新アルバム「⊿(トライアングル)」からの楽曲「NIGHT FLIGHT」「love the world」を次々と披露。あ~ちゃんは番組やそのリスナーに対する感謝の気持ちとして「TOKYO FMさんにもPerfumeのラジオをやらせていただいてもう2年くらいになりますが、最初はラジオの言葉ってきれいすぎてぜんぜん心に響かなかったんです。でも『SCHOOL OF LOCK!』さんは、今輝いている人が、こうやって輝けるようになったんだよって発信して、今がんばっている人に響いて、私たちももっとがんばらなきゃという気持ちになります。ライブやラジオでの言葉もしっかりしなきゃだめだと気づかせてくれました」とコメント。「しっかり発信するから、ちゃんと受け取ってください」と語り、夢に向かう観客たちに向けて「Dream Fighter」を贈った。

そのまま立て続けに代表曲「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」が披露され、大きな喝采に包まれてPerfumeのライブは終了。ところがここで校長&教頭が「まだやること残ってるんじゃないですかー?」と言いながらステージに乱入し、イベント当日の9月20日に21歳の誕生日を迎えたのっちにバースデーケーキをプレゼントした。このサプライズ企画に感激したのっちは「20歳になったときに“友達をいっぱい作る”っていう目標を立ててたけど、10分の3くらいしか達成できなかったので、今年の抱負はこれを10分の7に上げることにします」と宣言。しかしあ~ちゃんから「目標低くない? さっき“最高を求めて終わりのない旅をする”って歌ってたんじゃなかったの?」とツッコまれ、「やっぱり10分の12にします!」と力強く訂正した。

会場中から怒号にも似た大音量の声援が響き渡る中で、次に登場したのは9mm Parabellum Bullet。「Living Dying Message」「Discommunication」が矢継ぎ早に繰り出されると、モッシュピットの観客はもみくちゃになりながらその重厚なサウンドを全身で味わった。ボーカルの菅原卓郎は会場に集まった「SCHOOL OF LOCK!」の生徒たちに向けて、「ロックは学校では教えてくれないけど、俺らも教えてあげられないから、今日は自分で見つけて帰ってください」と挑発するように発言。9月30日にCDリリースされる新曲「Cold Edge」がくらくらするほどの強烈なストロボの明滅をバックに演奏されると、観客もハンドクラップでそれに応えた。

曲が終わると菅原が語りかけるように「よくライブに出演することを“参戦”って言うけど、オレは音楽をやりにきてるんで。戦ってるわけじゃないから。でも、みんなは暴れたくてウズウズしてるんでしょ……?」と話し、次の瞬間「かかってこいっ!」と目を見開きながら絶叫。「Vampiregirl」「Termination」「Black Market Blues」といった人気曲が間髪入れずに続々と演奏され、ラストの「Punishment」ではギタリスト滝善充がギターを弾きながら何度もでんぐり返しを繰り返すなど、破壊的でカオスなステージが展開された。

この日のトリを務めたのはDragon Ash。有名なメキシコ民謡をサンバ+ラウドロックでカバーした「La bamba」で幕を開けたステージは、まるで南米の祭のようなピースな雰囲気で満たされた。「Ivory」では「お台場の夜を、デタラメでいい、踊り騒げ」と、「運命共同体」では「お台場に咲いたfreedom」と途中の歌詞を変えて熱唱。ダンスと演奏が一体になったエンタテインメント性あふれるパフォーマンスに加え、この日ならではの演出でフロアを大いに盛り上げた。

「百合の咲く場所で」では盛大なoiコールで会場が一体化。KjがMCで「今日はクイーン・オブ・ポップスや若手ナンバーワン・ロックバンドがライブを観せてくれたけど、みなさんミクスチャーロックは好きですかー!!?」と叫ぶと、これに応えるように続く「Fantasista」で盛り上がりは最高潮となった。ライブ終了後、客席のあちこちから 「Viva !」 「Viva !」 「La Revolution !」 というコールが起こり始め、再びメンバーがステージに登場。kjは「SCHOOL OF LOCK!」を評して「こんなに音楽の現場に近いラジオは日本にないと思う」と称えた。Dragon Ashはアンコールを受けて最後に「Viva la revolution」を演奏。Zepp Tokyoを幸福感で満たしてイベントは終了した。

なお「YOUNG FLAG 09」東京公演の模様は9月28日(月)から10月1日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」内でオンエアされる。

「YOUNG FLAG 09」東京公演セットリスト

間々田優

01. 真夜中
02. アイドル
03. 夕

Perfume

01. ワンルーム・ディスコ
02. I still love U
03. NIGHT FLIGHT
04. love the world
05. Dream Fighter
06. ポリリズム
07. チョコレイト・ディスコ

9mm Parabellum Bullet

01. Living Dying Message
02. Discommunication
03. Cold Edge
04. The World
05. Vampiregirl
06. Termination
07. Black Market Blues
08. Punishment

Dragon Ash

01. La bamba
02. For divers area
03. Ivory
04. CALLIN'
05. Velvet Touch
06. 百合の咲く場所で
07. Fantasista
08. 運命共同体
EN. Viva la revolution

※記事初出時、本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

この記事の画像(全22件)

Dragon Ashのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Dragon Ash / 9mm Parabellum Bullet / Perfume / 間々田優 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。