音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

サイプレス上野の著書「ジャポニカヒップホップ練習帳」

177

サイプレス上野の著書「ジャポニカヒップホップ練習帳」が11月21日に刊行される。

上野がヒップホップから学んだ“考え方”と、それをベースに培ってきた“体験”が綴られている本著。「ヒップホップをしっかりとした文化として定着させたい」という彼の思いが詰まっており、日本語ラップ解説と自伝的内容で構成されている。

サイプレス上野著「ジャポニカヒップホップ練習帳」各章

01. ドリームランドの街で暮らす -文化を“サンプリング”することが大切
02. HIPHOP ミーツ 俺 -外に出ないと“フレッシュ”なものに出会わない
03. TITLE-Bで初めての“パケ”-ヒップホップは業の肯定である
04. 「さんピンCAMP」と「大LB夏まつり」-誰にも似ない、自分にしかできないことをやる
05. 真心込めて歌った応援歌には何をしたって勝てませんわ! -どんな失敗や後悔もネタにできる
06. 学校生活よりも「柵の外側」へ -内側から“ヤバいスメル”を出す
07. 「俺がサ上、奴がロ吉 ドリームハイツの面汚し」-音楽と地元の友達は整理する必要なんてない
08. シーンの主流から遠く離れた場所で -話題の中心だけが、その物事の本質じゃない
09. ドリームランドの閉園 -フッドからの恩は、フッドに返す
10. 「ヨコハマジョーカー」発売と「建設的」-培った知識を、自分らしいかたちで使いこなす
11. 「ドリーム」発売と「BLAST」休刊 -「上手 / 下手」を超越する瞬間が、ヒップホップにはある
12. 「WONDER WHEEL」発売と佐藤さんとの別れ -別れによって、覚悟を決めることがある
13. We are ZZ -クルーは音楽だけの繋がりじゃなくて、家族だ
14. ラッパー、ヤサを買う -大人には溜まり場も仕事場も必要
15. 「YOKOHAMA LAUGHTER」と 「MUSIC EXPRES$」発売 -「自分が何者か、どうしたいのか」と迷うことも重要
16. “ヨコハマシカ”とマッチョくん -フックアップされるのではなく対等になるまで、上がる
17. 語弊招いてもアイドルとやる -ラッパーとしての矜持と、真っ裸な自分という矜持を持つ
18. ロベルト吉野の活動休止 -俺達はグループじゃない。個と個の繋がりなんだ。
19. 復帰作「コンドル」の発売 -音楽に「確かめ算」なんか必要ない
20. 「フリースタイルダンジョン 」の功罪 -どんな娯楽でも“ナレッジ”が必要だ
21. 「あいつ何者? その言葉通りなるぜ何者」 -「みんな同じ気持ちを抱えてるんじゃないか」ってことの証明

音楽ナタリーをフォロー