音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

9mm Parabellum Bullet“山あり谷あり海あり”のツアーに幕「みんなに感謝」

600

9mm Parabellum Bullet(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

9mm Parabellum Bullet(撮影:橋本塁[SOUND SHOOTER])

9mm Parabellum Balletが11月5日に東京・豊洲PITにて全国ツアー「TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ”」の追加公演を行った。

今回のツアーは滝善充(G)の左腕の不調により前半6公演を中止し、後半の9月からサポートギタリストに武田将幸(HERE)を迎えた5人編成で全国を回ってきた9mm Parabellum Ballet。追加公演となったこの日はGRAPEVINEがゲスト出演し、ツーマン形式のライブとなった。

まずは菅原卓郎(Vo, G)がステージに登場し、滝の状態が万全ではないため演奏可能な時間が限られていることを説明。「時間は短いけれど最初から全開でやります」と語ったのち、「中学生の頃に初めて知って、大学に入って滝と出会ったときも2人共好きだったバンド」とGRAPEVINEを呼び込んだ。

田中和将(Vo, G)が放った「よし、やるぞ!」のかけ声で1曲目「FLY」の演奏を始めるGRAPEVINE。「世代的に僕らを知らないお客さんが多いかもしれないですけどね。70年代から活動してるバンドなんで」と冗談まじりのMCで場を和ませたのち、「スレドニ・ヴァシュター」「MISOGI」といった強靭なバンドアンサンブルのナンバーを連発する。ラストには彼らの代表曲である「風の歌」を田中がじっくりと歌い上げ、歓声に包まれながらバンドはステージを降りた。

一方、9mm Parabellum Bulletはツアータイトルにも掲げる「太陽が欲しいだけ」でライブをスタート。滝はギターとシンセサイザーを使い分けながら、「Discommunication」はシンセサイザーで、「モーニングベル」は武田を加えたトリプルギターで演奏し、オーディエンスを沸かせた。歓声を上げるファンに向けて「最初から全開で来てくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べた菅原は、今回のツアーで初めて演奏したという「ロンリーボーイ」や「スタンドバイミー」といった最新アルバム「Waltz on Life Line」の収録曲を歌い上げる。そして「急な救難信号にもかかわらず、アコースティックで出演してくれた仲間やゲストバンドのみんな、そして今日出演してくれたGRAPEVINEに感謝します」と今回のツアーを振り返り、「これからも山あり谷あり海ありいろいろありでやってくんですけど、みんなの力を貸してください」と会場のファンに呼びかけた。

バンドは終盤から「反逆のマーチ」「Lost!!」とアップテンポのナンバーを畳みかけていく。「The Revolutionary」では滝が高々とギターを掲げ、「世界を変えるのさ」というコーラスを絶叫。最後に「生命のワルツ」を披露して本編を終了した。

アンコールに応えて再び登場した9mmの面々は「次の曲は武田くん抜きで4人でやります」と告げ、彼らの1stミニアルバム「Gjallarhorn」の収録曲「Talking Machine」をプレイ。「暴れろ!」と観客を煽る4人は気迫のこもった演奏を見せつけてツアーを締めくくった。

なお9mmは終演後のビジョンにて2017年春に7thアルバム(タイトル未定)をリリースすることを発表。集まったファンの歓喜を誘った。

音楽ナタリーをフォロー