山本彩ソロデビュー作は「今の私が120%出せたアルバム」、ブルマ公演も?

412

山本彩(NMB48)が本日10月26日に1stアルバム「Rainbow」をリリース。これを記念して東京・東京ドームシティラクーアガーデンステージにてイベントを行った。

山本彩

山本彩

大きなサイズで見る(全11件)

山本彩のミニライブの様子。

山本彩のミニライブの様子。[拡大]

彼女は黒いシックなパンツ姿で登場するとさっそく「レインボーローズ」でパワフルな歌声を聴かせる。歌い終わると「発売日にイベントができるなんて思わなかったからうれしい!」と声を弾ませ、亀田誠治がプロデュースを手がけたほか、GLAYのTAKURO(G)やスガシカオといったアーティストが楽曲を提供した今作について「豪華なアルバム。1stアルバムですけどベストアルバムとも言えるんじゃないかな」と自信をのぞかせてライブを再開させた。

彼女は「雪恋」をしっとりと歌い上げた後、スガが作詞作曲を手がけた「メロディ」を初披露。パフォーマンス前にはファンに写真撮影のOKを言い渡し、軽やかな楽曲に乗せて、カメラに向かってピースサインをするなどサービス精神旺盛に笑顔を振りまいた。最後に「まだまだ始まったばかりですけども、皆さんにいろんな思いを伝えていけるように楽曲を作っていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします!」とメッセージを送ってミニライブを締めくくった。

山本彩

山本彩[拡大]

ライブのあとは、ファンに公開する形でマスコミ向けの囲み取材が実施された。最初に記者から「観客を独り占めした感想は?」と聞かれると、山本は「すごくプレッシャーを感じていたんですけど、皆さんが温かく迎えてくれてうれしかったです」と安心した表情を見せる。また「Rainbow」について「6年間NMB48に所属している間に抱えてきた思いが歌にできた。今の私が120%出せたアルバムだと思います」とコメント。続けて亀田との制作について「刺激的。行き詰まると『こんなメロディはどう?』などと提案してくれて、その引き出しの多さがとても勉強になりました」と振り返り、「(売上)順位にこだわらずに、たくさんの人に届けられたら」と語った。

さらにNMB48のデビュー当時、デビューシングル「絶滅黒髪少女」がオリコンランキングで1位を獲得できなかったらブルマ公演を実施するという公約を突きつけられたことにちなみ、記者が「今回ブルマ公演は……?」と尋ねると、山本は笑いながらも「ずっとブルマを拒否してたんですけど、6年目の今、初心に帰る意味でもブルマになってもいいかなと思います」と回答。そしてファンの声も受けて、今作が1位を獲得したらブルマ公演を行うと約束した。最後に「型にはまらずいろんな曲を書いていけたら」と今後の展望を語り、イベントを締めくくった。

この記事の画像(全11件)

NMB48のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 NMB48 / 亀田誠治 / スガシカオ / GLAY の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。