銀杏BOYZの名曲が橋本愛&宮崎あおい共演映画「バースデーカード」挿入歌に

1640

銀杏BOYZの楽曲「銀河鉄道の夜」と「BABY BABY」が、10月22日より全国ロードショーされる映画「バースデーカード」の挿入歌として使用されることが明らかになった。

銀杏BOYZ

銀杏BOYZ

大きなサイズで見る(全2件)

「バースデーカード」メインビジュアル(c)2016「バースデーカード」製作委員会

「バースデーカード」メインビジュアル(c)2016「バースデーカード」製作委員会[拡大]

「バースデーカード」は橋本愛演じる鈴木紀子が亡き母から毎年届くバースデーカードを通して成長していく姿を描いた作品。若くして亡くなってしまう母・芳恵を宮崎あおいが、父・宗一郎をユースケ・サンタマリアが、弟・正男を須賀健太が演じる。紀子が母の故郷・小豆島を訪れた際に出会うロック好きの女子中学生・真帆の部屋には銀杏BOYZやGOING STEADYのポスターやCDが所狭しと飾られており、「銀河鉄道の夜」と「BABY BABY」は彼女と紀子が打ち解けるきっかけとして劇中で使用される。なお主題歌は木村カエラが担当している。

吉田康弘監督 コメント

小豆島の片隅で引き籠る女の子の心の支えになっている音楽という設定で使用させて頂きました。彼女のように社会や学校で傷つき、殻に閉じこもった人が、音楽によって救われるという話は、日本のどこかしこにある話だと思います。銀杏BOYZの純粋性と楽曲の持つ躍動感が、橋本愛さん演じる主人公・紀子の心情と重なり、とても豊かなシーンになりました。大好きな銀杏BOYZの大好きな楽曲を劇中で使用させて頂き、大変感謝しております。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。
※※吉田康弘の吉は土に口が正式表記。

この記事の画像(全2件)

銀杏BOYZのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 銀杏BOYZ / 橋本愛 / 宮崎あおい / ユースケ・サンタマリア / 須賀健太 / 吉田康弘 / バースデーカード の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。