MEANING × SWANKY DANK、“ラブラブ”なツアーファイナル

203

MEANINGSWANKY DANKによるツーマンツアー「JUNE BUG」が6月12日に東京・Shibuya eggmanにて閉幕した。

MEANING(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

MEANING(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

大きなサイズで見る(全24件)

ツアーは6月10日から12日まで3日連続で行われたもの。ツーマンライブはもとより、ライブハウスでの競演が初めてだったという2組は3日間ですっかり親交を深めており、最終日となったこの日はMCで互いに愛を語り合い相思相愛っぷりを見せつける1日となった。

INFOG(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

INFOG(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)[拡大]

この日のオープニングアクトを務めたのはINFOG。「めっちゃ緊張してます」と素直にこぼした彼らだったが、ソウルフルでメロディアスなナンバーを堂々と届けていく。3人は2組への感謝の思いやオーディエンスへのメッセージをなどを伝えながら、8月10日リリースの新作ミニアルバム「Dawn's file」収録曲も織り交ぜたセットリストを展開し、何度もお辞儀をしてステージをあとにした。

SWANKY DANK(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

SWANKY DANK(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)[拡大]

SWANKY DANK(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

SWANKY DANK(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)[拡大]

SWANKY DANKは1曲目に「Promise」を投下し、早速フロアにサークルモッシュを発生させる。YUICHI(Vo, G)が「『JUNE BUG』最終日、ラブラブなライブをしてやる!」と意気込むと、バンドはオーディエンスがシンガロングをした「misery」、エッジーな「Sink Like a Stone」など軽快なパンクチューンを連投し、場内をさらにヒートアップさせていく。

MCではKOJI(Vo, B)がMEANINGとの出会いを回想。ライブ中にオーディエンスの上を普通に歩くよりも速いスピードで歩くHAYATO(Vo, G)を見て「赤鬼さんがいらした」と思ったと明かし、観客の笑いを誘う。さらにこの日のライブ前にステージ袖でHAYATOに「初めて見たときから『カッコいい、好きだ』と思ったよ」と言われたことを加え、その“ラブラブ”っぷりを見せつけた。ラストナンバー「Listen to the Radio」ではKOJIが最前列の柵に立ち、オーディエンスに支えられるように歌唱。フロアをさらに熱気で包み、MEANINGへバトンをつないだ。

HAYATO(G, Vo / MEANING)(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

HAYATO(G, Vo / MEANING)(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)[拡大]

MEANING(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)

MEANING(Photo by Takashi "TAKA" Konuma)[拡大]

MEANINGは最初にHAYATOが「ブランドの人がバンドやライブを支えてくれるっていうのは美しい形だと思う」と今回のツーマンツアーのサポートをしたソックスブランド・STANCEへの敬意を表した。そしてオーディエンスに「ここ、渋谷の郵便番号って知ってる?」と問いかけ、バンドは渋谷区の郵便番号の頭3桁と同じタイトルの「150」でライブをスタートさせる。曲間にはHAYATOがSWANKY DANKのMCを受け「自分たちだけ紳士的にやって汚ねえぞ!」と言いながらも、ステージ袖でライブを鑑賞するSWANKY DANKメンバーに向かって「楽しいツアーだったね、またやろうね」と笑顔を見せた。

「戦いに行くぞ!」とHAYATOが鼓舞した「My War」ではオーディエンスが拳を突き上げてバンドの熱演に応え、「HERE FOR YOU」ではHAYATOがフロアへと進み、暴れるオーディエンスと共にもみくちゃになりながら歌唱。またファンが拳を上げる姿を見て「その手で大きな何をつかむんだろう?」と語りかけるなど、バンドは熱のこもった言葉とハードなサウンドで場内の温度を引き上げ続けた。

アンコールで再びステージに登場したHAYATOが「バンド同士は、初ツーマンでも尊敬の念を持ってるんだわ。それが観てる人にも伝われば」と改めて今回のツーマンンツアーへの思いを語り、バンドはラストナンバー「Judgement」をプレイする。HAYATOはオーディエンスに支えられるようにしてシャウトを繰り返し、フロアでは彼に向かって次々とクラウドサーファーが発生。最後には盛大なシンガロングが広がり、熱気に包まれる中、「JUNE BUG」は幕を閉じた。

この記事の画像(全24件)

JUNE BUG supported by STANCE
2016年6月12日 Shibuya eggman セットリスト

INFOG

01. Basic
02. My second prologue
03. Dream as a dream
04. L.M.B
05. once again
06. to myself
07. Autumn sky

SWANKY DANK

01. Promise
02. One Sided
03. misery
04. number
05. Sink Like a Stone
06. the answer
07. Party Rock
08. Listen to the Radio

MEANING

01. 150
02. Hope
03. My War
04. 新曲(タイトル未定)
05. HERE FOR YOU
06. BLACK OR WHITE
07. THE UNBROKEN HEART
08. Just Another Death
<アンコール>
09. Judgement

全文を表示

MEANINGのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 MEANING / SWANKY DANK の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。