音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

盟友たちを総動員!電波少女、ぼくりり&MINAMI NiNEと新作祝す

139

「電波少女 E.P "パラノイア" Release Party」の様子。(撮影:新倉映見)

「電波少女 E.P "パラノイア" Release Party」の様子。(撮影:新倉映見)

電波少女のライブ「電波少女 E.P “パラノイア” Release Party」が5月22日に東京・clubasiaで開催された。

電波少女の新作CD「パラノイア」のリリースを記念したこのライブのチケットは早々にソールドアウト。その電波少女と、ぼくのりりっくのぼうよみ、MINAMI NiNEが登場したこの日のclubasiaのフロアは超満員となった。

1組目のMINAMI NiNEは「雨」からライブをスタート。ヒロキ(Vo, B)はメロディアスなサウンドを奏でながら「みんなで盛り上げていきましょう!」と煽って、フロアとの一体感を高めていく。また「Buddy bye」演奏後には、自身が電波少女と同郷・宮崎出身であることに触れ「こんなデカい体して、高校のときは国際ボランティア部に入ってましたから」「老人ホームの清掃に行ったら、じいちゃんばあちゃんが怖がって『もう来んでいい』って言われて……」とオーディエンスを笑わせていた。

その後はワラビノ(G, Cho)の歯切れよいギターサウンドが特徴的な「ビム」、スケロク(Dr, Cho)が手堅いドラミングでバンドをリードした「南九節」などを披露。余裕を感じさせるステージングを見せるも、ヒロキ曰く「こないだスペシャ観てたら電波少女とぼくりり君のMVが流れて、今日の競演はただごとじゃないと思ってました」と、実は本番前には緊張していたとのこと。ラストナンバー「花」では、フロア中のオーディエンスがそんな彼らを温かく迎えるように拳を突き上げ、その演奏を楽しんでいた。

「電波少女のめっちゃファンなので、早く出番を終えてライブを観たいです」「今日は花を添えられるようがんばります!」と語ったぼくのりりっくのぼうよみは、“早く出番を終える”宣言とは裏腹に“ゆっくり”とステージを歩き回りながらスローナンバー「Venus」を語りかけるように歌いだす。しかしビートを効かせた2曲目「Black Bird」では「Venus」から一転、力強い歌声を会場に響かせ、ファンの歓声を集めてみせた。さらに優しい歌声で会場を穏やかな雰囲気で包み込んだ「Collapse」や、大きく手を振るパフォーマンスでフロアを煽ったラストナンバー「Sunrise (re-build)」を間断なく投下したのちには、そのフロアから「もっとやって!」の声。ぼくりりはこれに、にこやかな笑顔で応えてステージを去った。

この日の主役・電波少女のライブは「拝啓」のイントロを背に、ハシシ(MC)が勢いよくステージに駆け込んできたところから幕開け。その横では炭酸ガスボンベを手にしたnicecream(Performance)が、白煙をまき散らしてオーディエンスを盛り上げる。なお今回のライブでは新作「パラノイア」にフィーチャリングアーティストとして名を連ねたラッパーも参加しており、ハシシは「オーバードーズ」「MO」ではNIHA-Cと、「RY」「Earphone」ではJinmenusagiと、テクニカルなマイクリレーを披露した。

「Mis(ter)Understand」ののちにはデジタル感の強いハードなトラックに乗せてnicecreamがバックダンサーたちと共にダンス。キレのあるブレイクダンスでフロアを盛り上げると、対するハシシは「INVADER」で、巨大フラッグを手にオーディエンスをアジテートする。またこの曲で彼は、ゲストラッパー・RAqと共に息つく間もないフロウを繰り広げ、会場の熱気をピークへと押し上げた。

「オルタネート」「オルタネートエラー」というアップリフティングな2曲でライブ後半戦をキックさせた電波少女は、その2曲で長年交流を重ねてきたというラッパー、トップハムハット狂と共演。交流の深さをうかがわせる抜群のコンビネーションを見せると、「COMPLEX」では再びNIHA-C、Jinmenusagiと共演して本編を終了させた。

アンコールでハシシは開口一番「今日はかわいい子ばっかりですね」「……男の顔は見てません!」と笑顔で毒づきながらも、「皆さんと楽しい時間にすることができてうれしいです!」とライブが盛況のうちに終盤を迎えたことにさらに大きな笑顔を浮かべる。そして最後のナンバー「Munchii Bear Cookiis 2015」ではNIHA-C、Jinmenusagi、RAq、トップハムハット狂とこの日のゲストMCを改めてステージに呼び寄せてフロアを圧倒。nicecreamとともに「ありがとう!」と何度も繰り返して、この日の公演を締めくくった。

「電波少女 E.P "パラノイア" Release Party」
2016年5月22日 clubasia セットリスト

MINAMI NiNE

01. 雨
02. Buddy bye
03. ビム
04. 南九節
05. Lax
06. 酔いどれの夜
07. 花

ぼくのりりっくのぼうよみ

01. Venus
02. Black Bird
03. CITI
04. sub/objective
05. Collapse
06. Sunrise (re-build)

電波少女

01. 拝啓
02. オーバードーズ feat. NIHA-C
03. MO feat. NIHA-C
04. RY feat. Jinmenusagi
05. Earphone feat. Jinmenusagi
06. Mis(ter)Understand
07. INTRO
08. INVADER feat. RAq
09. オルタネート feat. トップハムハット狂
10. オルタネートエラー feat. トップハムハット狂
11. 笑えるように
12. COMPLEX feat. Jinmenusagi, NIHA-C
<アンコール>
13. Re:カールマイヤー
14. Munchii Bear Cookiis 2015

音楽ナタリーをフォロー