エレカシ、廃盤だった「奴隷天国」復刻&諸作品再発

エレファントカシマシのアルバム「奴隷天国」が9月30日に再リリースされることになった。

9月16日には2枚組ライブDVD「桜の花舞い上がる武道館」も発売。本作には4月11日に日本武道館で行われたライブで演奏した本編22曲、アンコール4曲の計26曲が完全収録されるほか、初回盤には72ページにおよぶ豪華ブックレットが付く(写真はアルバム「奴隷天国」ジャケット)。

9月16日には2枚組ライブDVD「桜の花舞い上がる武道館」も発売。本作には4月11日に日本武道館で行われたライブで演奏した本編22曲、アンコール4曲の計26曲が完全収録されるほか、初回盤には72ページにおよぶ豪華ブックレットが付く(写真はアルバム「奴隷天国」ジャケット)。

大きなサイズで見る

「奴隷天国」は1993年5月に発売された、エレファントカシマシ通算6枚目のオリジナルアルバム。しばらくの間廃盤となっていたこともあり、オークションなどで価格が高騰。宮本浩次もライブのMCで「再発してほしい」と懇願していた作品が、ついに市場に再流通されることになる。

また、9月16日にはポニーキャニオン時代のオリジナルアルバム「ココロに花を」「明日に向かって走れ-月夜の歌-」「愛と夢」がHQCD化。同時に、ライブDVD「コンサート1998日本武道館“風に吹かれて”」とビデオクリップ集「CLIPS」も再リリースされる。

さらに、CCCDとして流通していたEMI時代の2作品、ミニアルバム「DEAD OR ALIVE」と13thアルバム「俺の道」も、通常のCDとして9月16日に再発。これまで各作品を買い控えていたファンにとって、嬉しい復刻となりそうだ。

エレファントカシマシのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 エレファントカシマシ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。