新「D.Gray-man」OP曲はLenny code fiction

2212

7月から放送されるテレビアニメ「D.Gray-man HALLOW」のオープニングテーマ(タイトル未定)を新人バンド・Lenny code fictionが担当することが発表された。

テレビアニメ「D.Gray-man HALLOW」キービジュアル (c)星野桂 / 集英社・D.Gray-man 製作委員会

テレビアニメ「D.Gray-man HALLOW」キービジュアル (c)星野桂 / 集英社・D.Gray-man 製作委員会

大きなサイズで見る

Lenny code fictionは片桐航(Vo, G)、kazu(B)、ソラ(G)、KANDAI(Dr)からなる平均年齢22歳の4人組バンド。今回自身の楽曲が「D.Gray-man HALLOW」のオープニングテーマに採用されたことについて、片桐は「本当に好きな世界観のアニメだからこそ中途半端な作品にはしたくないという気持ちがまず初めにありました。なので、作品の中の感情と自分が思っている現在の心情と同じ部分を再確認し、それを自分なりの言葉でどう表現できるか納得行くまで考えることができました」とコメントしている。またkazuは原作マンガの作家・星野桂がバンドと同じ滋賀県出身であることに触れ「星野先生と地元が同じ、出身の学校も同じという事もあり、中学生の頃から読んでいた大好きな漫画でした。メンバーと『どんなアニメの主題歌をやりたいか』という話題になった時も一番にD.Gray-manが思い浮かびました」と語っている。

なおバンドのサウンドプロデュースはONE OK ROCKとの仕事などで知られるAkkinが手がける。バンドのビジュアル、楽曲の詳細は後日発表される。

Lenny code fiction コメント

片桐航

本当に好きな世界観のアニメだからこそ中途半端な作品にはしたくないという気持ちがまず初めにありました。
なので、作品の中の感情と自分が思っている現在の心情と同じ部分を再確認し、それを自分なりの言葉でどう表現できるか納得行くまで考えることができました。
シリアスさ綺麗さの中にも力強さのあるサウンドを目指したのも原作を読んでいて抱いた感情をそのまま表現した結果でした。好きなものだからこそとことんこだわり、そして満足のいく作品ができました。単純だけれどそれが全てです。
このアニメに携われたことを誇りに思います。

kazu

この度『D.Gray-man HALLOW』の主題歌を担当する事が決まりとても運命を感じました。
星野先生と地元が同じ、出身の学校も同じという事もあり、中学生の頃から読んでいた大好きな漫画でした。
メンバーと「どんなアニメの主題歌をやりたいか」という話題になった時も一番にD.Gray-manが思い浮かびました。しかし当時は新シリーズが始まるとも知らず、所詮は個人の希望でしかありませんでした。なので本当にこのお話が決まった時はとても嬉しかったです。
僕も待ち遠しく思っていた新シリーズ、みなさんと一緒に楽しめたらと思います。

関連記事

Lenny code fictionのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Lenny code fiction / 星野桂 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。