元ちとせ、鹿児島が舞台「ゆずの葉ゆれて」の主題歌を担当

76

元ちとせが今夏公開予定の映画「ゆずの葉ゆれて」の主題歌を担当することが発表された。

元ちとせ

元ちとせ

大きなサイズで見る(全2件)

「ゆずの葉ゆれて」は佐々木ひとみの著書「ぼくとあいつのラストラン」の実写化作品で、津川雅彦松原智恵子が主演を務める。映画の舞台が鹿児島であることなどから、鹿児島・奄美大島出身の元に白羽の矢が立ち、彼女が主題歌を担当することになった。

元が映画に楽曲を提供するのは2012年発表の「永遠の調べ」以来、4年ぶりのこと。彼女は今回、田鹿ゆういち作曲、HUSSY-R作詞による新曲「君の名前を呼ぶ」を主題歌として提供した。この曲を使用した映画の予告編は、作品のオフィシャルサイトにて4月17日に公開される。

元ちとせ コメント

今回主題歌として提供させていただいた「君の名前を呼ぶ」は、この映画のストーリーがあった事で生まれた歌です。伝えたい気持ちは心の中にいつまでも持っています。何かのきっかけでその思いが溢れてくる事があるんだなと映画を通じて感じさせてもらえました。別れは辛いことですが、大切な人との思い出は永遠なんだと映画とこの曲を通じて感じて頂けたらと思いました。

松原智恵子 コメント

心地よい風にのって、幸せな思いに満たされる、そんな気持ちになりました。亡くなった最愛の人を思い「お父さん」と呼びかける。返ってくるはずのない呼びかけに、ゆずの葉がゆれて答えてくれる。やさしい、やさしい気持ちにしてくれる。寂しさは……本当に勇気に変わるんですね。

神園浩司監督 コメント

この映画は、「人が死ぬこと・残された者の思い・生きる意味」など大変重いものを描いています。主人公の少年の感情や、映画を観た人たちの思いを、元ちとせさんの歌が正面から受け止めて優しく包んでくれます。

この記事の画像(全2件)

元ちとせのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 元ちとせ / 松原智恵子 / 津川雅彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。