忌野清志郎逝去、癌治療続け58歳で

8

忌野清志郎が5月2日午前0時51分、癌性リンパ管症のため逝去した。享年58歳。

写真は2008年11月20日ブルーノート東京で行われたBOOKER T. & The MG'sのライブに飛び入り出演したときの模様。「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」などのソウルナンバーを熱唱した。

写真は2008年11月20日ブルーノート東京で行われたBOOKER T. & The MG'sのライブに飛び入り出演したときの模様。「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」などのソウルナンバーを熱唱した。

大きなサイズで見る(全4件)

清志郎は2006年7月に喉頭癌の診断を受け、音楽活動を休止。2008年2月に日本武道館で復活ライブを行ったが、7月には癌が腰に転移していることがわかり、再びライブ活動を中止し、放射線治療などを続けていた。

今年に入ってからは盟友・間寛平のために書き下ろした新曲「RUN寛平RUN」「走れ何処までも」を発表したほか、FM802のキャンペーンソング「Oh! RADIO」の作詞作曲を担当。本格的な再復帰が待たれていた矢先の訃報となった。

告別式は5月9日(土)13時から東京都青山葬儀所にて行われる。喪主は妻の栗原景子さん。当日は一般のファンの弔問も受け付けるとのこと。

この記事の画像(全4件)

忌野清志郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 忌野清志郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。