音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「SUMMER SONIC 2015」熱演続いた2日間が終幕

218

The Chemical Brothers(写真提供:SUMMER SONIC)

The Chemical Brothers(写真提供:SUMMER SONIC)

音楽フェスティバル「SUMMER SONIC 2015」が8月15、16日に千葉と大阪で開催された。この記事では千葉公演の模様をレポートする。

1日目:8月15日

QVCマリンフィールドに設けられたMARINE STAGEの一番手を務めたのはきゃりーぱみゅぱみゅ。彼女はキュートなダンスを交えて新曲「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」や数々のヒットナンバーを披露した。一方海岸沿いに設けられたBEACH STAGEに登場したねごとは2011年以来の「サマソニ」出演についての感謝を述べ「未来航路」「黄昏のラプソディ」「憧憬」などをプレイ。そして幕張メッセ内のステージの1つ・MOUNTAIN STAGEに登場したandropはレーザー光線や映像の演出を音にリンクさせたパフォーマンスで観客を魅了する。一方メッセ内のフードコートエリアに設置されたSIDE-SHOW MESSEではお笑い芸人やアイドルが多数出演。PassCodeが「激動プログレッシブ」などラウドなナンバーをMCなしで連投し、妄想キャリブレーションが「幻想恋花火」で傘を使った踊りを見せるなど、それぞれが個性豊かなライブを展開した。

幕張メッセ内のRAINBOW STAGEにてBLUE ENCOUNTはアクセル全開のパフォーマンスを展開。終盤には田邊駿一(Vo, G)が別のエリアに移動する観客の姿を見付けるなり「3分だけください! この曲だけ覚えて帰ってください!」と熱い口調で訴えかけ「もっと光を」を熱唱した。一方MARINE STAGEのMadeonはメロディアスなエレクトロナンバーを次々とプレイし、「You're On」「Pop Culture」「Pay No Mind」といったキラーチューンでファンを踊らせた。

MOUNTAIN STAGEではAll Time Lowが「A Love Like War」「Time-Bomb」などを投下。ラストはアレックス・ガスカース(Vo, G)がギターを高く放り投げ、ステージを降りて客席に飛び込んだ。続くBABYMETALのライブでは、入場規制がかかるほどの観客が押し寄せる中で「メギツネ」「ド・キ・ド・キ☆モーニング」などの人気曲が披露される。3人は未音源化曲「あわだまフィーバー」でキュートな踊り、「Road of Resistance」では凛々しいアクションでオーディエンスを魅了した。続くMONOEYESは「When I Was A King」でライブの口火を切る。細美武士(Vo, G)は幼少期のお盆の思い出などを語ってから「My Instant Song」を笑顔で歌い上げ、終盤に「BABYMETALから受け取ったバトンをRADWIMPSに引き継いで終わりたい」と話し、ラストの「Remember Me」まで観客を多いに楽しませた。そしてRADWIMPSは東日本大震災の被災地復興の思いを込めた楽曲「あいとわ」を演奏してライブをスタート。野田洋次郎(Vo, G)は「終戦70年というこの日に、この場で歌が歌えて、本当に幸せなことだと思います」と話してから「アイアンバイブル」を披露し、その後「おしゃかしゃま」「いいんですか?」「会心の一撃」などもプレイした。

RAINBOW STAGEに立ったJは、9月3日発売のアルバム「eternal flames」から新曲「I Know」を演奏したほか、LUNA SEAの楽曲「TONIGHT」など多彩なナンバーで場内の熱気を高める。またMCではLUNA SEAが同会場で実施した「LUNATIC FEST.」を振り返る場面も見られた。SONIC STAGEに姿を表したThe Jon Spencer Blues Explosionはメッセに爆音を轟かせるパワフルなアンサンブルで観客を圧倒。一方MARINE STAGEに登場したアリアナ・グランデは何人ものダンサーを率いてセクシーで完成度の高いパフォーマンスを繰り広げた。

ヘッドライナーのThe Chemical Brothersは1曲目「Hey Boy Hey Girl」からノンストップで新旧ナンバーを巧みにミックスさせ、MARINE STAGEにひしめくオーディエンスの体を激しく揺らしていく。会場にQ-Tipやノエル・ギャラガーの声ネタが響き渡り、レーザーやロボット模型が登場する演出が展開されるとフロアからは一際大きな歓声が上がった。そしてMOUNTAIN STAGEの初日ラストに行われたMarilyn Mansonのライブは「Deep Six」から幕を開け、人気曲を多数含むセットリストに。Marilyn Manson(Vo)は「Antichrist Superstar」で聖書に火を付けるなどのアクションを展開。ラストの「The Beautiful People」では黒人の楽器隊を迎えるも、パーカッショニストの楽器を無表情で蹴散らしたり、突然ステージを降りて歌ったりと予測不能の展開で観客の視線をさらった。

2日目:8月16日

MARINE STAGEのトップバッターを務めたのはKANA-BOON。曇り空が広がる中彼らがライブをスタートさせると、観客のテンションはどんどんヒートアップしていく。「フルドライブ」演奏中には日の光が会場に差し込み始め、さわやかな雰囲気でフェスのスタートを彩った。昼前のMOUNTAIN STAGEではGENERATIONS from EXILE TRIBEがライブを開始。「Hard Knock Days」「Sing It Loud」などのアッパーチューンやキレのあるダンスを披露して観客を盛り上げる。「to the STAGE」の歌唱の際にはメンバーと観客が共にタオルを回して一体感を醸成した。

原っぱが広がるGARDEN STAGEに登場した真心ブラザーズは「拝啓、ジョン・レノン」や「スピード」といったアップテンポなナンバーをはじめ、アン・ルイス「グッド・バイ・マイ・ラブ」のカバーも披露。サマソニの様子を楽しみつつ、貫禄ある演奏で存在感を放った。またMARINE STAGEの横に設営されていたSIDE-SHOW MARINEとISLAND STAGEには、ユーザーの投票や選考委員の審査によって選ばれた「出れんの!?サマソニ!?」の受賞者であるALEG-Reなどのパフォーマーやeimie、FINLANDS、DJ'TEKINA//SOMETHINGといったアーティストたちが登場。SIDE-SHOW MARINEのトリとしてステージに立ったDJ'TEKINA//SOMETHINGは「Good Time」「夏祭り」など洋邦の人気曲をかけ、ステージ一帯に人だかりを作っていた。

暑さも和らぎ始めた昼過ぎ、MARINE STAGEではZeddのパフォーマンスがスタート。スピード感あふれるEDMナンバーを繰り出してしていき、オーディエンスも常にハイテンションな状態に。ライブ中もアリーナ席には続々と観客が集まったため後半にはすし詰めとなり、会場は異様な熱気に包まれた。夕暮れ時のRAINBOW STAGEに登場した郷ひろみは「短時間の中ですべての郷ひろみを見せる」と豪語し、「GOLDFINGER '99」「男の子女の子」「お嫁サンバ」など往年のヒットナンバーを連発。郷が真っ赤なジャケットをはためかせる“ジャケットプレイ”を披露すると、オーディエンスは歓喜の声を上げて彼のパフォーマンスを楽しんだ。「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-」歌唱時には「億千万! 億千万!」のシンガロングが巻き起こり、会場が一体となったステージが繰り広げられた。

RAINBOW STAGEのトリを飾ったthe telephonesは「I Hate DISCOOOOOOO!!!」からライブをスタートさせ、フロアを一気にダンスホールへと変える。2008年の初登場以来、バンドが何度も「サマソニ」に出演していることを受けて岡本伸明(Syn, Cowbell, Shriek)が「the telephonesはサマーソニックのプロです!」と宣言すると、客席からは彼らを称える盛大な拍手と歓声が上がった。終盤に差し掛かると、彼らは「Monkey Discooooooo」「Urban Disco」とキラーチューンを立て続けに披露。石毛輝(Vo, G, Syn)は「SUMMER SONIC、フォーエバー! また会いましょう」と観客にメッセージを送り、ステージをあとにした。

MARINE STAGEのラストはファレル・ウィリアムスが担当。女性ダンサーが華やかなダンスでオーディエンスを盛り上げる最中、ファレルは落ち着いた様子でステージを歩き回り、リリックを披露していく。途中では子供たちをステージの上に招き、一緒に踊る一幕も見られた。そして最後に披露された「Freedom」の終盤では大量の花火が打ち上がりフィニッシュ。ファレルは超然とした様子でパフォーマンスを終えた。この日の全公演の最後を飾ったのがD'angelo And The Vanguard。彼らはヒップホップやR&B、ファンクなど数多くのジャンルを独自解釈したナンバーで観客を魅了していく。途中ディアンジェロは演奏をストップし、ゆっくりと客席を見渡すと、その佇まいに思わず歓声を上げるファンが何人も現れた。アンコールの「Untitled (How Does It Feel)」終盤ではメンバーが1人ずつ去っていく中、彼らはムード溢れる演奏で会場をクールダウンしていく。そして演奏を終えると、ディアンジェロは客席に礼をして感謝の意を示す。怒濤の2日間に温かな余韻を残し、今年の「サマソニ」を締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー