音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

たなしん、ゴールデンフリーザ化!グドモ「ドラゴンボール超」完成披露に登場

1207

フリーザと化したたなしん(左)を警戒する孫悟空。

フリーザと化したたなしん(左)を警戒する孫悟空。

グッドモーニングアメリカが本日7月1日に東京・フジテレビで行われた同局系のアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」の完成披露試写会に出席した。

彼らは7月5日(日)に放送がスタートするこのアニメのエンディングテーマとして「ハローハローハロー」を提供した。声優の野沢雅子、ヤジロベーのコスプレで登場したケンドーコバヤシに続き4人が登場すると、たなしん(B, Cho)がゴールデンフリーザに扮しており、会場はざわめきに包まれる。彼は金廣真悟(Vo, G)のマイクフォローで「フッフッフッ……。覚悟するがよい、この姿を見せたのは貴様が初めてだ!」とフリーザのモノマネを披露してみせた。

挨拶の冒頭にはこのアニメの原案を担当する原作者・鳥山明からのメッセージが紹介され、このシリーズの舞台がこれまでのストーリーで描かれてきた宇宙を飛び出した「お隣の第6宇宙」になることが明かされる。金廣は「第6宇宙って、どんな存在なのかなってワクワクしてます」と語り、たなしんは「宇宙最強のフリーザ様も、第6宇宙では1番になれるか不安です!」とフリーザの思いを代弁するかのような熱い言動で会場を笑わせる。たなしんの発言にコバヤシは「フリーザが身振り手振り付きでなんかしゃべると違和感ありますね(笑)」と笑いながらツッコミを入れていた。

またエンディングテーマの「ハローハローハロー」については金廣が「子供にも親御さんにも歌えるような曲にして、海外にも進出する作品だと思うので、サビは『ハロー』という言葉を使いました。誰でも歌えると思うので、たくさんの人に聞いてほしいと思います」と呼びかけた。

トークの後半には司会者からヤジロベーとフリーザに関するクイズも出題され、コバヤシとグドモは野沢の助言を受けながら熱心に回答。フリーザの側近の名前を問う問題に答える際にはたなしんが再びフリーザのモノマネを披露するも、会場の薄い反応を受けて「いやーだいぶメンタル鍛えられますね! どんなフェスでも行けそうです!」と照れ笑いした。また質疑応答で記者から新シリーズでの登場を期待するキャラクターを聞かれると、ペギ(Dr, Cho)が「ウーロンですね。最近“ギャルのパンティ”見てないので」と答え、登壇者の共感を誘う。最後に野沢は「私にもまだどういう展開になるかわかりません。楽しみながら1話1話進んでいきたいと思います!」と視聴者に呼びかけて会見を締めくくっていた。

フジテレビ系「ドラゴンボール超(スーパー)」

2015年7月5日(日)9:00~9:30
※以降毎週日曜日9:00~9:30

音楽ナタリーをフォロー