音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

家入レオ新曲が月9主題歌に、主演・福士蒼汰も「とても楽しみ」

664

家入レオ

家入レオ

家入レオが、福士蒼汰主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「恋仲」の主題歌を担当することが決定した。

家入が提供した主題歌は「君がくれた夏」と題された新曲で、8月19日に10枚目のシングルとしてリリースされる。なお家入は「新しいけど、懐かしい。そんな雰囲気に包まれたミディアムナンバーになっているので、ドラマとともにぜひ楽しみにしてもらえたら、と思います」とコメントし、かねてから彼女と親交のある福士は「家入さんが主題歌を歌ってくださると聞いて、今からとても楽しみです。家入さんの歌声が恋仲の淡い、せつない世界に溶け込んでいくと信じています」と期待を寄せている。

シングルはCDのみの通常盤のほか、ミュージックビデオや今年5月に開催された東京・日比谷野外大音楽堂公演のダイジェストなどを収録したDVD付きの初回限定盤と、ナップサックが付属した完全生産限定盤の計3種類が用意される。

家入レオコメント

5枚目のシングル「太陽の女神」以来、約2年ぶりに月9主題歌を担当させていただくこととなり、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。
今回主演の福士さんは、先輩でありながらも同世代でもあるので、その活躍にはいつも沢山の刺激を頂いてます。
そんな福士さんをはじめとする素敵な出演者の皆さんが作り出すドラマの世界に恥じないよう、そして見ている方の心に少しでも何か残せたらいいな、と思って今回主題歌を制作してます。
デビューして4年目に入り、色んな経験をさせて頂く中で見えなかったものが見えるようになったり、重たかったものを手放せたり、前より自分の音楽とシンプルに向き合えるようになってきました。
そんな私の今を刻んだ歌になりました。
新しいけど、懐かしい。そんな雰囲気に包まれたミディアムナンバーになっているので、ドラマとともにぜひ楽しみにしてもらえたら、と思います。

福士蒼汰コメント

家入さんが主題歌を歌ってくださると聞いて、今からとても楽しみです。
家入さんの歌声が恋仲の淡い、せつない世界に溶け込んでいくと信じています。
主題歌を聞いてドラマを思い出すことがあると思いますが、そんな曲になったらいいなと思います。

音楽ナタリーをフォロー