藍坊主が“ルノと歩く”自主レーベル設立、ライブDVD&シングル発表

269

藍坊主が自主レーベル「Luno Records」を設立。7月22日にライブDVD「aobozu TOUR 2015 ~時計仕掛けのミシン~ at 渋谷公会堂」、8月5日にニューシングル(タイトル未定)をリリースすることを発表した。

藍坊主

藍坊主

大きなサイズで見る(全3件)

レーベル名にある「Luno」とは彼らの楽曲「羽化の月」に登場する「ルノ」のこと。歌詞の中で不器用ながらも確実に足跡を残しながら歩くルノの姿が、藍坊主が理想とするレーベル像と重なったため「Luno Records」と名付けられた。レーベル設立に際し、藍坊主はコメントを発表。その中で彼らは「結成から15年。今まで100を超える楽曲をリリースしてきました。ここからはルノと共に歩く物語の『第二章』のようなものです。自分達と身近なスタッフで音楽を届けることは、より濃い藍坊主の音楽を探ることになる予感がしています」と語っている。

彼らにとって約4年ぶりのリリースとなるライブDVD「aobozu TOUR 2015 ~時計仕掛けのミシン~ at 渋谷公会堂」には今年3月に東京・渋谷公会堂にて行ったワンマンライブの模様を完全収録。さらにバンド結成当初から数々のイベントを開催してきた思い出の会場であり、3月末をもって閉店した東京・下北沢屋根裏のファイナルイベントに出演した際の映像も収められる。なお8月5日発売予定のニューシングルの詳細は後日アナウンス予定となっている。

藍坊主 コメント

この度、藍坊主の自主レーベル「Luno Records」を発足することになりました。
リリース第一弾はライブDVD「aobozu tour2015~時計仕掛けのミシン~at渋谷公会堂」
リリース第二弾はシングルリリースが決定しています。
Luno Records の名前は僕らの楽曲「羽化の月」に登場する「ルノ」からとりました。
8本足の5番目にツギハギの白い靴を履き、葉っぱのトンネルを歩いている彼です。
不器用な彼ですが、確実に足跡を残しながら歩く姿が、僕らの理想とするレーベル像と重なりました。
結成から15年。今まで100を超える楽曲をリリースしてきました。
ここからはルノと共に歩く物語の「第二章」のようなものです。
自分達と身近なスタッフで音楽を届けることは、より濃い藍坊主の音楽を探ることになる予感がしています。
僕らが信じて来た「音楽」を更に追求する場に、そして僕らの音楽を信じてくれる人へ向けた発信源にするつもりです。
Luno Records をどうか温かく見守って下さい。

2015年夏 藍坊主一同

藍坊主「aobozu TOUR 2015 ~時計仕掛けのミシン~ at 渋谷公会堂」収録内容

aobozu TOUR 2015 ~時計仕掛けのミシン~ at 渋谷公会堂 2015.03.13

01. ネガティブフィードバック
02. ラブミーテンダー
03. スプーン
04. チョコレート
05. オーケストラ
06. 春の覚書
07. 賢者の忘れ物
08. エチカ
09. 鬼灯
10. 夏の銀景
11. オレンジテトラポット
12. 靄がかかる街
13. あなたと空と星と夜明け
14. 星霜、誘う
15. ワンダーランドのワンダーソング
16. 冒険風
17. 宇宙が広がるスピードで
18. バタフライ
19. 沈黙
20. 向日葵
21. ホタル

屋根裏 IS OVER at 下北沢屋根裏 2015.03.30

01. 未知の道の道
02. Love&Peace
03. プリティーパンクミュージック

この記事の画像(全3件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。