音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

乃木坂46、舞台「じょしらく」本日開幕!公開稽古で熱演披露

553

チームらのメンバー。

チームらのメンバー。

乃木坂46のメンバーが出演する舞台「じょしらく」が本日6月18日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで初日を迎える。本公演を前に乃木坂の出演キャストによる会見と公開ゲネプロが実施された。

この舞台は久米田康治原作・ヤス作画によるマンガを舞台化した作品で、女性落語家の日常がコミカルに描かれる。オーディションを勝ち抜き本作に出演するメンバー15人は「チームら」「チームく」「チームご」の3チームに分かれ、トリプルキャストで熱演を繰り広げる。

会見には、ゲネプロおよび初回公演に登場するチームらの山崎怜奈、堀未央奈、斉藤優里、伊藤万理華、星野みなみがそれぞれの役衣装で、松村沙友理と高山一実を除くほかのメンバーが制服姿で登壇した。初演を数時間後に控えた斉藤は「本当に時間をかけてメンバー同士確認しあって来たので、いい本番を迎えられそうです」と心境を明かす。星野は「チーム一丸となってがんばりたいです。声を大きく出して、後ろの席の人にも伝えられるようにしたい」と意気込んだ。また山崎は「原作のファンの方にも『乃木坂がこの舞台をやってくれてよかった』と思ってもらえるように精いっぱいやりたいです」と誓った。

舞台中には1公演につき1人のメンバーが創作落語を披露するシーンがあり、初演でのこの役目は堀が務める。これについて彼女は「ホントに初めの初めなので緊張してます!」と照れ笑いした。落語家から本格的に落語の指導を受けたというメンバーは、報道陣から「誰が一番落語がうまい?」と問いかけられると全員一致で能條愛未を指す。能條は「教えていただいた落語家さんに『アイドル辞めて落語界に来たら?』って、わりとガチめのオファーをもらいました」と明かし「それはそれでうれしいですよね!」と笑顔を見せた。

また、ほかのチームへの対抗意識はあるか問われた際には井上小百合が「みんなで支え合って作ってきた舞台なので、チームが分かれてはいるけれど『乃木坂46ってこんな一面もあるんだ』というふうに観てほしいです」と答える。伊藤は「チームごとにすごく個性があるんです。それぞれが役に入ってはいるけれど、そのメンバーらしい部分が出ていたりするので、そこも観てもらえたら」とアピールした。

取材後に行われた公開ゲネプロでは、チームらのメンバーがはつらつとした演技を見せた。アイドルならではのネタを織り交ぜたジョークも舞台上を飛び交い、客席からは何度も笑い声が漏れる。2時間弱にわたるステージに星野は「楽しくてあっという間でした!」と笑顔。落語を一席披露した堀は「緊張しました! 本番はもっと盛り上がってがんばります!」とコメントした。公演は6月28日まで同所で行われる。

音楽ナタリーをフォロー