音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SKE48松井玲奈、卒業発表の心境語る「これからの2カ月を濃いものに」

577

松井玲奈(SKE48)(写真提供:ニッポン放送)

松井玲奈(SKE48)(写真提供:ニッポン放送)

本日6月10日(水)に放送された「AKB48のオールナイトニッポン~緊急特番!今夜、松井玲奈から重大発表SP~」で、8月末でのグループ卒業を発表した松井玲奈(SKE48)が、番組終了後に報道陣の囲み会見に応えた。

番組冒頭での「8月いっぱいでSKE48を卒業することになりました」との発表後、玲奈は卒業発表に至る経緯をファンに向けて説明。「(卒業について)2年ぐらい前からぼんやりと考えていて……卒業したいというよりも『もうそろそろなのかな』と自分の中で感じ始めて、具体的に話が進み始めたのはこの1年ぐらいです」と話した。

また、卒業を決めた理由について「もともと役者さんになりたくてこの世界に入ったので、SKE48にいて感じられる気持ち以外のことをもっと知りたいと思ったんです」と明かす。さらに「SKE48としてやり残したことはないと思っています。私の中ではやりきった、次のステップに進まなくちゃいけないのかなと考えて」と、グループの一員としての達成感も理由の1つに挙げた。

さらに玲奈はSKE48の後輩たちについても言及。「先輩メンバーがいることで甘えられる安心感はどうしてもあるので、自分勝手な考えだけど後輩にもっとがんばってほしい。私が離れたあとのSKE48を盛り上げていく、がんばってる姿を見てみたくて卒業しようと決断しました」とエールを送った。

番組終了後、玲奈は報道陣の取材に応え「発表から卒業までの期間が短いので、ファンの方はショックを受けているかもしれないんですけど。これからの2カ月を濃い2カ月にして、ファンの皆さんとの思い出も作っていきたいです」と、SKE48としての残りの日々を見据える。また、卒業後の自身の姿については「想像できないですね。不安だしどうなるかわからないけど、楽しみには思っています。わからないなりに、どう道を拓いていくかを楽しみたいです」と語った。

ほかのメンバーに卒業について相談したか、という質問には「メンバーに報告はしましたけど、相談はしていないんです。卒業のことはメンバーよりもスタッフさんと話し合ったほうがいいと思っていました。メンバーとは自分のことではなくて、グループのことを話すべきだと考えていたので」と答える。最後に今後の目標を「お芝居をして、いろんな作品に参加させていただきたいです。後々、私が48グループにいたっていうことをいろんな人に逆にびっくりしてもらえれば」と明かした。

音楽ナタリーをフォロー