音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「コラソンフェス」ブーイング!!!ら、客席巻き込みお祭り騒ぎ

125

「コラソンフェス Vol.4」の様子。(撮影:稲垣謙一)

「コラソンフェス Vol.4」の様子。(撮影:稲垣謙一)

5月26日に東京・下北沢GARDENにてライブイベント「コラソンフェス Vol.4」が開催された。

「コラソンフェス」は、アーティスト活動や映画監督を務めるなどを多岐にわたって活躍するウルトラスニッポンの植田朝日が主催するライブイベント。4回目の開催となるこの日のライブにはブーイング!!!、ライムベリー、パラレルJAPAN、BRIDGETの4組が登場した。

イベントのトップバッターを務めたパラレルJAPANは、ハードなダンスを踊りながらDream5「学園天国」を歌唱して、ライブを勢いよくスタートさせる。オリジナル曲「TSURAI整形コンプレックス」では曲中にオーディエンスから盛大な合いの手が入るなど、彼女たちのライブは大きな盛り上がりを見せた。続いてライムベリーのステージになると、客席には何台ものカメラが登場。イベント主催者の植田はライムベリーの新曲「MIRROR BALL」のライブを撮影し、ミュージックビデオを制作すると観客に説明した。ライムベリーの2人は撮影のため、複数回にわたって同曲を歌唱。撮影の後半には植田の指示のもと、ライムベリーの2人が客席に乱入し、ファンとともに「MIRROR BALL」で盛り上がる様子が撮影された。撮影中にはパラレルJAPANやブーイング!!!のメンバーもフロアに紛れ込み、会場のお祭り騒ぎに拍車をかけていた。

続いてステージに登場したのは「コラソンフェス」初登場となるBRIDGET。彼らは「Take It」「Driver's High」といったアップチューンを次々と畳みかけ、ダンサブルなステージを展開した。曲間には双子のメンバーYU(Dancer)とRYO(Dancer)を軸にしたコントを繰り広げ、女性ファンだけでなく会場に集まっていたアイドルファンも彼らのパフォーマンスに釘付けに。草川瞬(Singer)は「こんな男の人に囲まれて熱いライブをするのは始めてです」と話してTHE BLUE HEARTS「リンダリンダ」のカバーを熱唱し、フロアを大きく盛り上げた。

イベントのトリを飾ったブーイング!!!の橘ゆりかと倉田瑠夏は、観客からの盛大な“ブーイング”に迎えられて登場。彼女たちは、植田が監督を務めた映画「ユルネバ~キミは一人じゃない~」の主題歌「ユルネバ」からライブをスタートさせる。「サマーライオン」のイントロが流れると、アイドリング!!!の関谷真由がステージに登場。3人は手にした水鉄砲でフロアに水を噴射しながら、同曲を高らかに歌い上げた。ラストナンバー「僕はマタドール」では、橘と倉田の2人の声に合わせてフロアに大音量のシンガロングが巻き起こり、この日のイベントはフィナーレを迎えた。

音楽ナタリーをフォロー