EXILE NAOTO「攻殻機動隊」で声優デビュー「草薙素子はツンデレ代表」

1195

6月20日に全国公開されるアニメ映画「攻殻機動隊 新劇場版」で、NAOTO(EXILE / 三代目 J Soul Brothers)が声優に初挑戦。映画オリジナルキャラクターの首相補佐官、藤本修役を演じることが明らかになった。

「攻殻機動隊 新劇場版」のアフレコに挑むNAOTO。(c)士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

「攻殻機動隊 新劇場版」のアフレコに挑むNAOTO。(c)士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

大きなサイズで見る(全9件)

「攻殻機動隊」シリーズの誕生25周年を記念して制作されたこの作品では、シリーズの主人公であるサイボーグ・草薙素子の過去と、攻殻機動隊こと公安9課の結成に至るエピソードを描く。NAOTOが演じる藤本修は、父親である首相の補佐を務めながら国の未来のために素子に特務権限を与え、攻殻機動隊設立に寄与する人物。そして劇中で「戦後最大の事件」と呼ばれる首相暗殺事件の真相を究明すべく、素子に協力する。

NAOTOが声優を務めた藤本修。(c)士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

NAOTOが声優を務めた藤本修。(c)士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会[拡大]

兄の影響でもともと「攻殻機動隊」シリーズが大好きだったというNAOTOは、出演オファーを受け「大好きな世界観のなかで一人のキャラクターになれる喜びを実感し、ひとつ夢が叶った!と思いました」とコメント。また、主人公の素子については「強くて凛としていてどこかセクシー。そして恋多き女。ツンとデレの具合が絶妙で、世の女性が見習うべきツンデレの代表だと思います」と語っている。

この記事の画像(全9件)

NAOTO コメント

「攻殻機動隊」は学生時代から大好きで、僕の兄も大ファンだったので、原作コミックやアニメを観たりしていました。まさか自分がずっと大好きだった「攻殻機動隊」の声優に参加させていただくなんて夢にも思っていなかったので、すごく嬉しかったです。大好きな世界観のなかで一人のキャラクターになれる喜びを実感し、ひとつ夢が叶った!と思いました。多くのファンがいる大人気作のため、ファンの皆様に失礼が無いように一生懸命やりました。声優は初体験ですごく新鮮でした!緊張やプレッシャーももちろんありましたが、すごく楽しかったです。一言一言の音程やトーン、スピード、感情の入れ具合など気をつけ、改めてプロの声優の皆さんはすごいなぁと思いました。僕も作品の完成がすごく楽しみです。また新しい「攻殻機動隊」が観られると思うので、ファンの方々にもぜひ楽しみに待っていてほしいです。

全文を表示

EXILEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。