音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくら学院、10人それぞれの「歌の考古学」

513

Kiroro「未来へ」を歌う菊地最愛。

Kiroro「未来へ」を歌う菊地最愛。

さくら学院が昨日3月14日に東京・TFTホール500にて公開授業イベント「歌の考古学~2014年度~」を開催した。

毎年度の最後の公開授業イベントとして行われる「歌の考古学」。この授業は自身が生まれる前の楽曲を生徒1人ひとりが自ら選び、その楽曲を歌う理由をプレゼンしてからアカペラで歌唱するという内容だ。授業の講師は今年もさくら学院校長であり、ミュージシャンの顔も持つ放送作家の倉本美津留が担当。倉本校長と担任の森ハヤシ先生、会場に集まった大勢の父兄(さくら学院のファン)たちが見守る中、1時限目では水野由結、田口華、磯野莉音、大賀咲希、岡田愛、2時限目では菊地最愛、野津友那乃、白井沙樹、倉島颯良、山出愛子が発表を行った。

1時限目のトップバッターを務めた大賀は「歌詞の世界に共感できる歌」というテーマでZARDの「Forever you」を選曲。10年後の自分に向けた手紙を読んでから、同曲を伸びやかに歌い上げた。今回が「歌の考古学」に初参加となる岡田は母親の提案で中島みゆき「空と君のあいだに」をチョイス。緊張した面持ちでプレゼンを始めた彼女は「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」という歌詞を「君を輝く場所に立たすことができるなら僕はどんな悪役も引き受ける」と解釈し、いつも厳しい職員室の先生(さくら学院のスタッフ)たちへ感謝の気持ちを込めてパワフルな歌声を響かせた。

磯野はアニメ「北斗の拳2」のオープニングテーマとして知られ、新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手の初代入場曲でもあるTOM☆CAT「TOUGH BOY」を、ボーカルのTOM(Vo, Key)に習ってサングラスをかけて歌唱。プロレス同好会としても一緒に活動してきた同期の田口への思いを歌で届けた。磯野からの熱いメッセージを受けとった田口は、涙を浮かべたまま自身のプレゼンへ。彼女は昭和歌謡のリバイバルをコンセプトに活動しているユニット「虎姫一座」の公演を観劇してから昭和歌謡を聴くようになり、そのうちにハマったという山口百恵の楽曲「いい日旅立ち」をこぶしを効かせて歌う。歌唱する前に田口は同曲の自分なりの意訳を披露し、「さくら学院卒業生として、私もスーパーレディーになります!」と晴れやかな表情を浮かべていた。

1時限目の最後に発表を行った水野は、BABYMETALのメンバー・YUIMETALとして世界を飛び回るうちに「音楽は国境を超えて世界を1つにできること」を体感したと語る。彼女は海外のファンとも会話ができるように英語の勉強を始め、その中で知った、今では大ファンのアリアナ・グランデが「シンディ・ローパー以来の快挙」と報道されているのを見て、今回シンディ・ローパー「True Colors」を歌唱することに決めたという。スタンドマイクで同曲をたどたどしい英語ながらもまっすぐに歌い上げた水野は父兄から賞賛の拍手を浴びた。

2時限目1番手の山出は愛をテーマにセレクトしたX JAPAN「Forever Love」を熱唱。意外な選曲に父兄たちは驚きつつも、彼女が真剣に語るX JAPANの歴史や堂々とした歌声に、熱心に耳を傾けていた。続く倉島は薬師丸ひろ子「元気を出して」をカバー。彼女はたまたま耳にした竹内まりやによるセルフカバーから、原曲である薬師丸の「元気を出して」に辿りつくまでの経緯を話してから、同曲をフレッシュに歌い上げた。

白井はさくら学院の「ハートの地球」と「My Graduation Toss」の2曲を手がけている川瀬智子と奥田俊作によるユニットthe brilliant greenのヒット曲「There will be love there -愛のある場所-」を選び、その歌詞を今の自分の境遇に当てはめながら紹介。緊張しながらも彼女が一生懸命に同曲を歌うと、菊地は「しーたんの声に合ってて、似てるなって思った。かわいかった」と白井を褒め称えた。野津は自身の母と同級生で仲良しだったという菊池桃子の楽曲の中から、卒業ソング「卒業-GRADUATION-」を選曲。卒業ソングでありながら、ラブソングでもある同曲をメンバーや先生たち、そして父兄を思いながら心を込めて歌った。

生徒会長の菊地はKiroroのナンバー「未来へ」を歌唱することを告げてから、選曲理由を語り始める。写真集撮影のため中等部3年の4人で沖縄旅行をしたという思い出話から始まり、沖縄出身のKiroroの楽曲を選んだという彼女。菊地は同曲がラジオオンエアをきっかけにブルネイ王国で大ヒットして日本語で歌われていることや、自身がBABYMETALのメンバー・MOAMETALとして海外で活動する中で感じた「音楽は世界共通」だということを自信を持ってプレゼンした。楽曲を歌う前に彼女は、小さい頃から将来の夢に“スーパー最愛ちゃん”を挙げていることについて、「よく『スーパー最愛ちゃんってなんですか?』って聞かれるんですけど、夢は本当にいつも空高くにあって漠然としています。でも手が届くように諦めずに進んでいきたいです。そして人を愛し、人に愛されて、なんでもやって、今の殻を破って菊地最愛が“スーパー”になれる日まで、見守って一緒に歩んでくれたらうれしいです」「卒業してしばらく歩む道は、MOAMETALとしての道です。この道も大切にして、菊地最愛として進んでいく道も見つけていきたいです。急がずゆっくりと歩いて、みなさんの記憶に残る最愛でいたいと思います。メンバー、先生、父兄さんいつもありがとうございます」と感謝。そして足を肩幅にスッと開き、「未来へ」を高らかに歌い上げた。

菊地の発表を聞いた倉本校長は「最後にふさわしい選曲とお話ですね。菊地が今やろうとしていることの象徴的な歌と出会って、ここでみんなに伝えるというのは素晴らしいことです」と彼女を評価。森先生も「最後にすばらしい発表をしてくれてよかった。もう“スーパー最愛ちゃん”なんじゃない?」と感服した様子だった。公開授業を終えた野津は「中2の前半ぐらいまで正直公開授業が苦でしかなかったんです。でも、中3になってトーク委員長という役職を任されてからは、話すことが大好きになって、父兄さんが笑ってくれると本当にうれしくって、世界一幸せ者だなと思って。公開授業でたくさん授業を受けさせてもらえて本当によかったです」と涙。菊地も「メンバーのみんなとここまでやってきて、公開授業がいい形で終わったのかなと思います。最愛も世界一幸せ者です」と話していた。

さくら学院は3月29日に東京・NHKホールにて2014年度の卒業公演「The Road to Graduation 2014 Final ~さくら学院 2014年度 卒業~」を開催。このライブは全国の映画館でライブビューイングが実施される。

さくら学院 公開授業「歌の考古学~2014年度~」メンバー歌唱楽曲

菊地最愛「未来へ」Kiroro
水野由結「True Colors」シンディ・ローパー
田口華「いい日旅立ち」山口百恵
野津友那乃「卒業-GRADUATION-」菊池桃子
磯野莉音「TOUGH BOY」TOM☆CAT
白井沙樹「There will be love there -愛のある場所-」the brilliant green
大賀咲希「Forever you」ZARD
倉島颯良「元気を出して」薬師丸ひろ子
山出愛子「Forever Love」X JAPAN
岡田愛「空と君のあいだに」中島みゆき

The Road to Graduation 2014 Final ~さくら学院 2014年度 卒業~

2015年3月29日(日)東京都 NHKホール

音楽ナタリーをフォロー