音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

ART-SCHOOL、再会を誓った活動休止前ラストライブ

527

ART-SCHOOL(撮影:中野敬久)

ART-SCHOOL(撮影:中野敬久)

ART-SCHOOLが昨日2月13日に東京・新木場STUDIO COASTにて単独公演を開催した。

昨年末に新たな環境で活動をするため、準備期間として活動休止することを発表した彼ら。昨日は活動休止前最後の姿を見届けるため多くのファンが駆け付け、2時間にわたって繰り広げられた4人の熱演に酔いしれた。

暗転と同時に赤く染め上げられたステージにメンバーがスタンバイ。そして戸高賢史(G)のヒステリックなノイズギターと中尾憲太郎(B)のヘビーなベースが特徴の「BABY ACID BABY」でライブの口火が切られた。木下理樹(Vo, G)はギターをかき鳴らしながら、攻撃的な歌声でフロアに狂乱を生み出していく。序盤で木下は「こんばんは。ART-SCHOOLです」と手短かに挨拶をすると、時間が惜しいとばかりに「Promised Land」「夜の子供たち」を続けて投下。6曲目の「サッドマシーン」まで駆け抜けるように披露していった。

ART-SCHOOLのライブではおなじみのUCARY & THE VALENTINEを招いてのブロックでは、「YOU」「Water」という2曲がパフォーマンスされ、UCARYと木下の織り成す繊細なハーモニーがオーディエンスを包み込む。ゲストを交えてのセッションで少し空気を変えたあとは、新旧のナンバーを織り交ぜた中盤戦へ。フロアから歓声が上がる中で始まった「ロリータ キルズ ミー」では、力強く突き上げられる拳を木下がまっすぐ見つめながら歌い上げる様子も見られた。さらにこの日はUCARYに続き、環ROYもゲストとして登場。木下と環は友人同士ならではのゆるいトークで場を和ませ、歌とラップが交差する「革命家は夢を観る」で心地よいグルーヴを生み出していった。

ライブの後半で木下は「伝えたいことはたくさんあるんですけど……必ず戻ってくるということだけは言えます。それまで待っててくれますか? けっこうな期間休むと思うので待っててね」と再会を約束。そして「車輪の下」や「FADE TO BLACK」など長年愛されているナンバーを力強く奏で、本編をクライマックスへ導いた。

アンコールではUCARYが再び加わり、キラキラしたサウンドが印象的な「Hate Songs」と、アコースティックギターが清涼感のあるサウンドを醸し出す「フローズンガール」がオーディエンスを楽しませる。その後ダブルアンコールに応えたメンバーたちはフロアを見渡しながら、希望にあふれた「しとやかな獣」をプレイ。活動休止前最後という節目のライブではあったが、終始ステージ上もフロアも悲しいムードはなく、ART-SCHOOLが次に向かっていることを印象付けた一夜となった。

ART-SCHOOLワンマンライブ
2015年2月13日 新木場STUDIO COAST セットリスト

01. BABY ACID BABY
02. real love/slow dawn
03. Promised Land
04. 夜の子供たち
05. BOY MEETS GIRL
06. サッドマシーン
07. YOU
08. Water
09. 乾いた花
10. DIVA
11. ロリータ キルズ ミー
12. Chicago, Pills, Memories
13. プールサイド
14. LOST IN THE AIR
15. 革命家は夢を観る
16. その指で
17. アイリス
18. BLACK SUNSHINE
19. MISS WORLD
20. 車輪の下
21. UNDER MY SKIN
22. FADE TO BLACK
<アンコール>
23. Hate Songs
24. フローズンガール
25. スカーレット
26. あと10秒で
<ダブルアンコール>
27. しとやかな獣

音楽ナタリーをフォロー