音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ライムベリー、2MC+1DJで挑んだワンマン「ラップに人生捧げます!」

182

ライムベリー「MAGIC PARTY VOL.2」の様子。

ライムベリー「MAGIC PARTY VOL.2」の様子。

ライムベリーのワンマンライブ「MAGIC PARTY VOL.2」が、12月21日に東京・新宿BLAZEにて開催された。

彼女たちが本格的なワンマンライブを行うのは昨年8月以来。MC MIRI、MC HIME、DJ HIKARUの“2MC+1DJ”体制となって初めて挑む2度目の「MAGIC PARTY」のフロアは熱狂的なファンで埋め尽くされ、場内にはパフォーマンスの一部始終を記録する多数のムービーカメラが配置されていた。開演時刻になると、まずは映画「世界の終わりのいずこねこ」や神聖かまってちゃんのライブ映像撮影で知られる竹内道宏監督が撮影したドキュメンタリー映像が上映される。MC YUKAの脱退を経て2MC+1DJスタイルで活動を再開した3人の様子を追った映像から、機械的な音声に合わせて映し出される「2MC」「1DJ」のグラフィックに切り替わると場内の熱気は急上昇。そして1人ゆっくりステージに現れたDJ HIKARUは、DJブースに陣取り「待たせたな!」と一声上げ、CDJのプレイボタンを押した。

1曲目「WE ARE BACK!」のビートに乗せて勢いよく登場したMC MIRIとMC HIMEは、ステージを左右に移動しながらフロアを煽り立て、そのまま「WE DID IT」まで4曲を畳み掛ける。最初のMCでは「こんなにたくさんの人がライムベリーを観に来たんでしょ? ありがとうございます」とMC HIMEがフロアを見渡しながら感謝の言葉を述べ、MC MIRIは喉を最後までつぶさないようにとトーンを落としつつ「1年越しのワンマンライブで、こんなに素敵な会場でライブができるなんて……私たちも成長したね」とワンマンの実感を噛み締めた。

続いて「ウインタージャム」「世界中にアイラブユー」などバラエティ豊かな4曲のあとは、メンバーそれぞれのソロコーナーへ。DJ HIKARUは叙情的なポエトリーリーディング「Ich liebe dich(HIKARU MIX)」、MC HIMEはうつむきながらアンニュイにラップする「クオリア」を披露し、DJ MIRIは新曲「サンライト」を初披露した。

終盤は初披露の新曲「LET IT GO」や「まず太鼓」「アンサーアンサー」など勢いのある楽曲が連発され、フロアはもみくちゃに。ラストはライブのタイトルに冠された「MAGIC PARTY」で締めくくられた。メンバーが去ると場内には「ラーイムベリー!」と盛大なコールが上がり、大歓声を受けた3人は再びステージへ。するとファンの代表者からメンバーへ「ワンマンライブ開催おめでとう!」と大きな3つの花束が贈られ、場内は拍手喝采。大喜びの3人はこの場で改めて、再始動から今回のワンマンまでを振り返りながら1人ずつコメントした。

MC MIRIは「最初はお客さんが4人の時代もあって。前(最前客)が固定されてたり、ずーっとおんなじ人に『ねえお兄ちゃん』ってやってて。でも今はやる相手がこんなにたくさんいるのですごいうれしいです」など笑いを誘いつつも「MIRIにとってお客さんは本当に誇りで。(ライムベリーのファンは)いい人たちでノリがよくて、ってほかのアイドルさんやスタッフさんによくほめられるんですよ。いつもいつもライムベリーのことを支えていただきありがとうございます」と感謝の思いを伝えた。MC HIMEは「私、結成してからの悩みがあって。自分の立ち位置がわからないんです。MIRIちゃんは元気でHIKARUはクールってはっきりしたものがあるのに、自分はなんなんだろうって。前に友達を招待して感想を聞いたら『学校のHIMEと変わらないね』って言われたんです。自分では考えたことなかったけど、めっちゃ素でやってるなと思って。悩んできたことは、ありのままの自分でやっていればいいのかなという答えにたどり着いて。素の自分でいられるほどの安心感をくれるメンバーに感謝したいと思います」と自身の葛藤とメンバーへの思いを打ち明け、「ライブの半券って今はなんの自慢にもならないけど、私たちが大きくなったら『2回目のワンマンライブの半券』ってだけでも価値のあるものになるかもしれないし、ファンや家族にとって自慢できる存在になりたいから、これからもラップに人生を捧げます!」と決意を表明。DJ HIKARUが「活動休止したときにはこのままダメになるかなと不安だったんですけど、それを支えてくれたのは家族でした。学校にも優しい友達がいて親身に話を聞いてくれるんですよ。いつもいいアドバイスをくれて、心の支えになってます」と話すと、最前列で応援していた友達は涙を流してしまう。そして「ソロの活動をしていると、友達とかお客さんから『面白いから芸人になりなよ』って言われるんです。私こういう場で言葉が出てこなくて、何を言ってるかわからないと思いますけど……最後にギャグやります」と、唐突に奇妙な一発ギャグを披露してMCを終わらせた。

アンコールではスチャダラパー featuring 小沢健二「今夜はブギー・バック(smooth rap)」のカバーや「ねえお兄ちゃん!」を連呼する代表的ナンバー「HEY! BROTHER」、最新シングル「IDOL ILLMATIC」、Beastie Boysのカバー「Fight For Your Right」など合計9トラックが届けられた。「R.O.D.」では観客がフロアを2つに割り、勢いよくぶつかり合う場面も。エンディングの「END MUSIC FOR A MAGIC(C U AGAINpt.2&C U AGAIN)」では3人がこの日のセットリストを読み上げ、最後は元気よく観客に挨拶して笑顔でステージを去った。

ライムベリー「MAGIC PARTY VOL.2」
2014年12月21日 新宿BLAZE セットリスト

01. WE ARE BACK!
02. SUPERMCZTOKYO
03. IDOL ILLMATIC
04. WE DID IT
05. ウインタージャム
06. Bright Light
07. 世界中にアイラブユー
08. フロム東京
09. Ich liebe dich(HIKARU MIX)
10. クオリア
11. サンライト
12. きみとぼく
13. プレイグラウンド#1
14. LET IT GO
15. まず太鼓
16. アンサーアンサー
17. MAGIC PARTY
<アンコール>
18. Ichliebedich(2MC MIX)
19. 今夜はブギーバック(smooth rap)
20. IN THE HOUSE
21. HEY! BROTHER
22. IDOL ILLMATIC
23. R.O.D.(HARD)
24. Fight For Your Right
25. 世界中にアイラブユー(PARTY MIX)
26. END MUSIC FOR A MAGIC(C U AGAINpt.2&C U AGAIN)

音楽ナタリーをフォロー