音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

GENERATIONS、2015年1作目は谷原章介刑事ドラマ主題歌

128

GENERATIONS from EXILE TRIBEが1月28日にニューシングル「Sing it Loud」をリリースする。

今作の表題曲はGENERATIONSの真骨頂といえる疾走感あふれるダンスナンバーで、「Sing it Loud」というタイトルには自分たちの歌やパフォーマンスをたくさんの人に届けたいという思いが込められている。1月12日(月・祝)からTBS系でスタートする谷原章介主演の刑事ドラマ「警部補・杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル」の主題歌に決定している。

番組を担当する河瀬光プロデューサーは、「Sing it Loud」について「初めて聞いた際に、曲が持つ“疾走感”が刑事ドラマの“事件解決に向けたドキドキ”と共通すると思いました。月曜の夜のドラマを見終わって明日への活力をもらえるGENERATIONSさんらしい曲だと思います」とコメント。またGENERATIONSのボーカルである数原龍友は「僕達自身も久しぶりに攻めた楽曲に挑戦させて頂いたのでドラマと共に楽曲にも注目して頂けたらなと思います!」とアピールしている。

なお、シングルのカップリングにはボーカルの片寄涼太が初めて作詞を手がけた「STORY」を収録。グループの歩みとこれからを歌ったファン必聴の1曲に仕上がっている。

GENERATIONS from EXILE TRIBE「Sing it Loud」収録内容

CD

01. Sing it Loud
02. STORY
03. Sing it Loud(Instrumental)
04. STORY(Instrumental)
<ボーナストラック>
05. Always with you English Version

CD+DVD盤付属DVD

・Sing it Loud(Music Video)

音楽ナタリーをフォロー