音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

サザン、半沢直樹チームが手がけるTBS新ドラマ主題歌担当

473

サザンオールスターズの新曲「イヤな事だらけの世の中で」が、2015年1月よりTBS系列で放送されるテレビドラマ「流星ワゴン」の主題歌に採用された。

「流星ワゴン」は直木賞作家・重松清のベストセラー小説を原作に、「半沢直樹」「LEADERS」「ルーズヴェルト・ゲーム」を手がけた伊與田英徳プロデューサーと福澤克雄監督のタッグが新たに送り出す話題作。西島秀俊と香川照之が父子の役を演じることでも注目を集めている。

主題歌「イヤな事だらけの世の中で」は、日々の生活に疲れた人々の悲哀を歌うミディアムテンポのバラードソング。この曲はサザンが現在制作中のニューアルバム(タイトル未定)に収録される予定だ。

「流星ワゴン」プロデューサー 伊與田英徳 コメント

憧れのサザンオールスターズさんに主題歌を書き下ろしていただけるなんて夢のようです。
この日曜劇場「流星ワゴン」は、原作を読んで感動した世界観を映像化したいと思ったのが始まりです。そして、原作にはサザンオールスターズさんの楽曲が登場して主人公・一雄の心情が表現されています。
正直難しいのではと思いつつ、清水の舞台から飛び降りるような気持ちでオファーしたら、素晴らしい楽曲を書き下ろしていただけることになりました。初めて聞いたときには鳥肌が立ちました。最高の主題歌に負けないように、素晴らしい映像をお届け出来るようにキャスト・スタッフ一丸となって撮影に臨んでいきたいと思います。

音楽ナタリーをフォロー