音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

キュウソネコカミ対ねごと!O-EASTで熾烈“TAIMAN”展開

541

キュウソネコカミ「試練のTAIMANツアー~地方巡業編~」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(撮影:はいから)

キュウソネコカミ「試練のTAIMANツアー~地方巡業編~」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(撮影:はいから)

キュウソネコカミの対バンツアー「試練のTAIMANツアー~地方巡業編~」の東京公演が、11月6日にTSUTAYA O-EASTでねごとをゲストに迎えて行われた。

10月20日より開幕した今回のツアーは、タイトルに違わずバンドの底力を試すようなハードなスケジュールで進行中。対バン相手も個性豊かなメンツがそろい、各地でライブバトルが繰り広げられている最中だ。

先日の東京公演はねごとが先攻を務め、「ループ」で高揚した空気を会場にもたらす。満員の会場は、4人が紡ぎ出す心地よく清涼感あふれるグルーヴに包まれ、曲が終わるたびに大きな拍手がフロアから沸き起こった。しっとりしたバラードからエネルギッシュなロックチューンまで多彩な音楽性が魅力のねごとだが、この日は“TAIMAN”ということを意識してか「Re:myend!」「カロン」などのシングルを中心としたアッパーチューンの連続に。アグレッシブなステージが展開され、フロアの熱気をぐいぐいと引き上げていった。またMCはキュウソとのエピソードに終始し、蒼山幸子(Vo, Key)は「楽屋一緒なのに入ってきてくれなかったんですよ! でもこうやって(ツアーに)呼んでくれるということは音楽を好いてくれてるのかなと(笑)」と述べ、澤村小夜子(Dr)はキュウソから果たし状をもらったことを明かし、「『ねごとアイラブユー」って書いてあって、ハートマークが男の子だなって」「キュウソの心をだんだん解放していきたいと思います」と宣言。これが功を成したのかアンコールでは2組のコラボレーションも実現し、大盛り上がりとなった。

後攻のキュウソネコカミは普段通り、“本気のリハ”で観客のテンションを高めてから本番へ。冒頭からハイボルテージかつ高速のナンバーを間髪入れずに投下していく。メンバーはMCで「ねごと、めっちゃいい匂いすんねん」「オーガニック系の匂い」「誰とすれ違ってもいい匂い!」と男子トークを炸裂させて観客の笑いを誘った。

5人のプレイは時間が経つに連れて激しさを増し、中盤に差し掛かる頃には会場は異様な熱気で充満する。特に本編では「DQNなりたい、40代で死にたい」の演奏中に「ヤンキーこわい」のコール&レスポンスや壮絶なウォールオブデスが巻き起こったほか、ヤマサキセイヤ(Vo, G)が客席エリアで大暴れ。観客に支えられながらフロアの後方まで移動すると、2階席に一瞬だけ乱入し、再び観客の頭上を移動しながらステージに戻るというアクロバティックなパフォーマンスで会場を沸かせた。

さらにアンコールで披露された「お願いシェンロン」では、ヤマサキセイヤ(Vo, G)の破天荒なパフォーマンスに拍車がかかる。“元気玉”や“かめはめ波”など「ドラゴンボール」に登場する技を観客と一緒に繰り出し、さらには“筋斗雲”の上で寝てみたりと前代未聞の演出で観客の度肝を抜く。ライブ中にも関わらずタオルまでかけて寝るヤマサキを起こすため、ねごとの4人が登場。オカザワカズマ(G)、カワクボタクロウ(B)、ヨコタシンノスケ(Key, Vo)、ソゴウタイスケ(Dr)や観客とともに“かめはめ波”をヤマサキに向かって何度も放ち、彼を叩き起こす。無事、ヤマサキが目覚めたところでライブはクライマックスへ。この日一番の盛り上がりの中でライブは終幕し、ヤマサキは「今日はありがとうございました! やっぱええ匂いすんなー」と最後までねごとの放つ匂いに魅惑されているようだった。

なお、アンコールで敢行された全員そろっての記念撮影の際は微妙に距離があった2組。明日11月15日に岡山・岡山IMAGEにて再び相見えるので、今後の動向に注目が集まるところだ。

音楽ナタリーをフォロー