音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくら学院、秋学期試験で新ユニ&白井沙樹BD

280

「FRIENDS」の終わりにメンバーに囲まれる白井沙樹。

「FRIENDS」の終わりにメンバーに囲まれる白井沙樹。

さくら学院が昨日9月27日にライブイベント「夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2014年度 秋学期試験」と「さくら学院 2014~紅葉 秋の陣~」を開催した。

この日のライブは昼夜2部制で実施。昼の部では夜の部へ優先入場できる“ファストパス”を賭けた「秋学期試験」、夜の部では今年5月に行われたイベント「転入式」以来約5カ月ぶりのフルメンバーでのパフォーマンスが行われた。

開演時間を少し過ぎた頃に場内が暗転。おなじみのチャイム音が流れ、会場に集まった父兄(ファン)たちはステージを見つめる。しかしライブが始まったのはフロア後方に設置されていた特設リング。清野茂樹アナウンサーによる呼び込みで田口華と磯野莉音によるユニット・プロレス同好会が現れると、彼女たちはオカダ・カズチカの登場曲「RAIN MAKER」をオマージュした新曲でオープニングを飾った。この楽曲は「RAIN MAKER」と同じく北村陽之介が作曲を手がけている。

プロレス同好会のアグレッシブなパフォーマンスのあとステージに現れたバトン部 Twinklestarsはこの日から新体制に。菊地最愛、水野由結、野津友那乃に倉島颯良と山出愛子が加わった5人編成で「ラピカム」をキュートに歌い上げた。トーク委員長の野津がプロデュースした「チャレンジMC」コーナーでは磯野、大賀咲希、岡田愛の3人がプロレス同好会やバトン部について語ったり、岡田がバレエのターンをしながら部活動名を読み上げたりと会場を和やかなムードに包み込む。そして「チャレンジMC」のあとメガホン片手に登場したのは野津と白井沙樹によるユニット・購買部。彼女たちはグッズの販売促進のために結成されたユニットで、これまでに2人によるトークは行われていたが楽曲を披露するのは今回が初めてだ。2人はキャッチーなナンバーで会場を沸かせ、昼の部のユニットコーナーを大盛り上がりのうちに終了させた。

制服に着替えた生徒たちと担任の森ハヤシがステージに登場すると、いよいよ「秋学期試験」へと突入。この“試験”ではさくら学院にまつわるクイズが出題され、それに父兄が○か×かで答えていく。フロアには○と×のエリアが設けられ、間違えるとエリア外に移動するというルールで、最後まで残った人にはファストパスが贈られることとなる。

1問目から「さくら学院職員室のTwitterで初めて投稿された写真はレッスン風景のものか、レコーディング風景のものか?」という問題に多くの父兄が敗退。その後も学院日誌やビデオクリップにまつわる難問に父兄たちは頭を抱えながらも奮闘していく。中盤では山出と岡田による「小等部かけっこ対決」が行われ、後方の特設リング上に置かれたフラッグを取り合った。父兄の間に設けられたコースを2人が駆け抜けた結果、フラッグを掴んだのは岡田。山出を支持した父兄はこの問題で敗退することとなった。

「秋学期試験」では「さくら学院抜き打ちテスト」と題した似顔絵合戦も。大賀咲希と白井が倉本美津留校長の似顔絵を描き、白井が勝利した。2012年度の卒業ソング「My Graduation Toss」をスペルを間違わずに中等部3年の菊地、水野、田口、野津の全員が書けるかどうかという問題では水野だけが正しく書けずに○エリアにいた1名のみが敗退。水野はその1人に「本当にごめんなさい……」と申し訳なさそうに謝った。そして最終問題までのすべてを正解した父兄たちには生徒お手製のファストパスバンドがスタッフから授与され、「秋学期試験」は終了した。

昼の部のライブパートでは「ハートの地球(ほし)」が初披露された。ピンクのポンポンを振りながら歌唱するこの曲ではハートマークや「SAKURA」の文字をポンポンで描き、チームワーク抜群のダンスで父兄を驚かせた。

夜の部は「ベリシュビッッ」で幕開け。プロデュース委員長の水野が組んだセットリストは「顔笑れ!!」や「FLY AWAY」、「I・J・I」など“攻め”の楽曲で構成され、フロアの熱気を序盤からグンと引き上げる。10人体制では初披露となった「アニマリズム」では、さまざまな動物をイメージさせるチャーミングなダンスで父兄を魅了した。

ラスト1曲を前に水野は「次で最後の曲です。『Jump Up』は卒業生から代々受け継いでいってほしいと言われた曲で、今年の夏さくら学院はいろんなことを乗り越えたので転入式のときよりさらにパワーアップした『Jump Up』を見せられると思います。私たちの成長が皆さんに届くように一生懸命心を込めて歌うので聴いてください」と力強く語る。そして水野の言葉の通り「Jump Up ~ちいさな勇気~」で息の合ったパフォーマンスを見せつけると10人はステージをあとにした。

アンコールではメンバー総出で盛り上げた購買部の楽曲や「マシュマロ色の君と」の2曲が届けられたほか、9月28日の白井の誕生日を祝ったサプライズ演出も行われた。メンバーと父兄による「ハッピーバースデー」の合唱で涙する白井に、さらにさくら学院からのプレゼントが。白井を磯野がフロアへとエスコートすると、白井を除く9名による「FRIENDS」が元父兄の白井に贈られた。白井はステージを観ながら涙し、最後にはステージに戻ってメンバーと一緒に同曲を歌唱。場内がハッピーな空気で満たされたところで10人のさくら学院による2度目の単独公演は幕引きとなった。

またこの日さくら学院から12月7日に神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場にてワンマンライブが決定したことが告知された。なお彼女たちは10月25、26日に東京・EX ROPPONGI THEATERにて恒例行事「さくら学院祭」を行う。

さくら学院「夜公演ファストパス争奪戦 さくら学院 2014年度 秋学期試験」
2014年9月27日 ディファ有明 セットリスト

01. 新曲 / プロレス同好会(田口華、磯野莉音)
02. ラピカム / バトン部 Twinklestars(菊地最愛、水野由結、野津友那乃、山出愛子、倉島颯良)
03. 新曲 / 購買部(野津友那乃、白井沙樹)
04. Hello!IVY
05. ハートの地球(ほし)
06. チャイム

さくら学院「さくら学院 2014~紅葉 秋の陣~」
2014年9月27日 ディファ有明 セットリスト

01. ベリシュビッッ
02. 顔笑れ!!
03. FLY AWAY
04. School days
05. I・J・I
06. アニマリズム
07. ハートの地球(ほし)
08. Jump Up ~ちいさな勇気~
<アンコール>
09. 新曲 / 購買部(野津友那乃、白井沙樹)
10. マシュマロ色の君と
11. FRIENDS

さくら学院祭☆2014

2014年10月25日(土)東京都 EX THEATER ROPPONGI
2014年10月26日(日)東京都 EX THEATER ROPPONGI

さくら学院 ワンマンライブ(タイトル未定)

2014年12月7日(日)神奈川県 KAAT 神奈川芸術劇場

※記事初出時、曲名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー