音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ベルハー、2度目のワンマンでHELクライムと地獄ラップ対決

196

6月8日、東京・渋谷CLUB QUATTROでBELLRING少女ハートがワンマンライブ「Stepping Stone」を開催した。

ベルハー2回目のワンマンライブのオープニングアクトを飾ったのは、彼女たちのサイケデリック系楽曲のアレンジを手がける宇田隆志(Key)や、Lyu:Lyuの有田清幸(Dr)らによるバンドBELLRING中年ハート。Yellow Magic Orchestra「BEHIND THE MASK」、Creedence Clearwater Revival「Proud Mary」などをカバーした彼らは、本番前のベルハーメンバーをゲストボーカルに迎えてライブのタイトルにもなったThe Monkees「(I'm Not Your) Steppin' Stone」をプレイ。サビ以外うろ覚えの歌詞を、それでもテンション高く歌う彼女たちとともに超満員の会場の空気を温めた。

ベルハーのライブ本編のオープニングを飾ったのは「Tech Tech Walk」。ステージに現れた彼女たちはいきなりフロアへと足を踏み入れ、観客が手に手を取って作るアーチをくぐりつつ、楽曲のタイトル通りテクテクとフロアを練り歩く。そして改めてステージに戻った彼女たちは、自在にフォーメーションを入れ替えながら「World World World」「yOUらり」などライブの定番曲を連発。「Steppin Stone、まだ始まったばかりだ!」とのシャウトとともに投下されたグランジ系の1曲「c.a.n.d.y.」ではクラウドサーフが発生するなど、会場のボルテージはいきなりピークへと押し上げられる。

ノンキながらもかわいらしい自己紹介とMCののち、彼女たちは「月の真下でオオカミさんに尋ねました。」「ヒバリの空」など“らしい”楽曲群でセットリストを構成。「ボクらのWednesday」スタート前の暗転中には、ほかのメンバーに声援が集まるのを聞きつけた仲野珠梨が「じゅりぴょんは?」と煽り、また「ライスとチューニング」では朝倉みずほがテクニックはさておきインパクトは絶大なラップを披露するなど、どこかユーモラスながらも、サイケデリックで妖しいステージを繰り広げた。

「ライスとチューニング」後、メンバーが一旦降りたステージに改めて姿を現したのは宇佐美萌と、この日のスペシャルゲスト、ヒップホップユニットHELクライムの“HELなおじさん”ことBIKKE(TOKYO No.1 SOUL SET)だ。HELクライムは7月2日にリリースする1stアルバム「地獄」に収録される「ライスとチューニング」のカバーバージョンでベルハーをフィーチャー。その縁で今回彼女たちのステージにHELクライムが登場することとなった。

ベルハーとHELクライムはご挨拶とばかりにまずはコントをスタートさせる。その内容は顔に黒いラインを引いたメイクにリーゼントのカツラに長ラン姿のHELなおじさんが、登校途中の宇佐美と激突。2人のあいだにひと悶着あったのちに宇佐美がベルハーメンバーとやはり顔に黒のラインに学ラン姿のHELクライムメンバーがいる教室に到着すると、転校生としてHELなおじさんが現れるというベタなもの。その後、宇佐美が台本を手にしたままセリフを丸読みし、まったく関係のないタイミングでSEが鳴るなど、グダグダなままコントが進むと、ベルハーとHELクライムはなぜかラップバトルに突入。両者は「ライスとチューニング」を改めてパフォーマンスする。

この曲でまたも強烈なフロウを叩き込んだ朝倉に対して、HELなおじさんは「25年ラップやってるけど完敗」「でもあとで改めて言うけど、もうちょっと練習したほうがいいぞ」とひと言。そして握手を交わしたベルハーとHELクライムは退場すると、ステージに設置されたエレピの前に座った宇佐美がときに小首をかしげ、ときに腕の羽根が邪魔だとばかりに袖をまくりながら、これまたグダグダな「D.S.P~だいすピッ~」のインストバージョンをプレイ。ここからライブ後半戦がスタートした。

その後半戦は怒濤の展開に。メンバー全員で「D.S.P~だいすピッ~」を改めて歌うと、「サーカス&恋愛相談」ではメンバー全員、髪を振り乱さんばかりの勢いで頭を左右にシェイクし、さらにそのエンディングではフロアを巻き込んでロングブレスの絶叫。そのまま突入した「アイスクリーム」では側転や馬跳びなど、やはりアクロバティックなパフォーマンスでフロアを魅了する。その後も1冊の本を回し合い、メンバーがそれぞれポエトリーリーディングする「Orange Slumbers」や、クマ耳を付けてラブリーながらもどこかグロテスクな森のクマの暮らしを歌う「kUMA GOQLI」など、バラエティに富んだ楽曲群を披露。さらにメンバーと観客がともにタオルを振り回す「Shout!!!」や、QUATTRO全体にハンドクラップの音が鳴り響いた「夏のアッチェレランド」といったアッパーチューンまで、10曲以上の楽曲を立て続けにパフォーマンスしてみせた。

アンコールの声を受けてまずステージに登場したのはなぜか6人のマッチョな外国人男性。上半身裸の彼らがステージに佇んでいると、どこからともなく大きな打撃音が聞こえてくる。これに慌てた彼らがステージ後方の「BRSH」と描かれた壁を押さえるもその抵抗むなしく、その奥から壁を破って、ライブTシャツ姿のベルハーメンバーがなだれ込んできた。

外国人男性たちを蹴散らし壁の破片をフロアに投げ込んだベルハーメンバーがアンコール1曲目に選んだのは「REVERLY!!!」。キャバレージャズ風の展開とノイズギターが耳に残る1曲だ。間奏中、仲野が倒立した状態から前方へと回転する“ウォークオーバー”にトライし、美月友華が投げられた果物や野菜を短剣で受け止め、柳沢あやのがテーブルクロス引きにチャレンジするなど、にぎやかにこの曲をパフォーマンスした彼女たちが、ダンサブルでオーソドックスなロックチューン「the Edge of Goodbye」と、フォーキーな「BedHead」を歌い上げたところでこの日のライブは終了。ファンから贈られた花束を手にしたメンバーは、TIRAの音頭でフロアとともに一本締めをして、自身2度目のワンマンライブを締めくくった。

BELLRING少女ハート「Stepping Stone」
2014年6月8日(日)東京都 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

01. Tech Tech Walk
02. World World World
03. c.a.n.d.y.
04. yOUらり
05. プラスチック21g
06. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。
07. ヒバリの空
08. ボクらのWednesday
09. ライスとチューニング
10. ライスとチューニング /w HELLクライム
11. D.S.P ~だいすぴッ~
12. Pleasure ~秘密の言葉~
13. サーカス&恋愛相談
14. アイスクリーム
15. ダーリン
16. Crimson Horizon
17. Orange Slumbers
18. kUMA GOQLI
19. Shout!!!
20. 夏のアッチェレランド
21. Starlight Sorrow
22. WIDE MIND
<アンコール>
23. REVERLY!!!
24. the Edge of Goodbye
25. BedHead

音楽ナタリーをフォロー