音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

HEY-SMITH、メッセを巨大なライブハウスに一変

254

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールで開催。この記事ではSATAN STAGEで行われたHEY-SMITHのライブの様子を紹介する。

猪狩秀平(G, Vo)の「始めるぞーっ!」というシャウトを合図にスタートしたHEY-SMITHのライブでは、冒頭からクライマックスと言えるほどの盛り上がりを見せる。上半身裸の満(Sax)、Iori(Tp)によるブラスサウンドが気持ちよく響くスカパンクチューンの応酬に、フロアの観客は大合唱で応えていった。

3曲終えたところで、猪狩が「SATANIC CARNIVALへようこそ! PIZZA OF DEATHが主催するパンクのお祭り。我こそはパンクスという奴、死ぬほど騒いで帰れーっ!」と改めて笑顔で挨拶。その後もバンドはダンサブルな楽曲を次々披露し、フロアを熱狂の渦に巻き込んだ。観客もリズムに合わせて踊ったり飛び跳ねたりと、思い思いの楽しみ方でライブを堪能。ライブ中盤には猪狩が「ええやん、ええやん。幕張メッセだけど、スーパー巨大なライブハウスに見えてます」とうれしそうに話す一幕もあった。

ライブ後半になるとフロアにはいくつものモッシュサークルが発生。猪狩は観客のシンガロングに対して「日本全国のパンクスはこんなもんか! 腹から声出せ!」とさらに煽っていく。そしてMCではネットの普及により音楽が手軽に手に入るようになったことを触れ、「生の音楽が一番。この空間をダウンロードできるもんならしてみろ!」と力強く叫んで観客から喝采を浴びた。そしてラストナンバーの前には「PIZZA OF DEATHのイベントに出れて幸せでした!」と感謝の言葉を送り、40分にわたるステージを終えた。

音楽ナタリーをフォロー