音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

大島優子、大阪感謝祭で決意表明「自分で決めたことだから」

168

本日5月5日、大阪・インテックス大阪にてAKB48の大島優子が「大島優子感謝祭」を開催した。

3月23日の千葉・幕張メッセ公演に続いて行われたこのイベントでは、大島のミニライブや握手会のほか「大島優子ミュージアム」と銘打った展示を実施。隣の会場ではSKE48NMB48HKT48が合同握手会を行う中、大島は抽選で選ばれた3000人のファンを前に「私1人でこの会場を貸し切ってしまっていいのかな?と思いつつも、とてもうれしく思っています」と感謝の言葉を述べた。

大島はあいにくの雨となってしまったこの日の天気に触れつつ、3月30日に東京・国立競技場で予定されていたものの荒天で中止となった卒業セレモニーについて「国立競技場も雨と嵐で中止になってしまったけど、でもここに『AKB48の大島優子』として皆さんに感謝の気持ちが伝えられるので、あの日卒業セレモニーをしてしまっていたらひと区切り付いてしまって、その気持ちがどうなっていたかわからないと思うと、結果的によかったのかな、とポジティブに考えています」とコメント。そして、ファンからの卒業を祝う横断幕を目にすると「うれしいです。いろんなところから『がんばれよ』ってお尻叩かれてるみたい」と語った。

ミニライブでは「もうなかなか歌う機会も少ないと思います」と心を込めて、「泣きながら微笑んで」を熱唱。ほかにも「ヘビーローテーション」「あなたがいてくれたから」「To be continued.」「前しか向かねえ」と全5曲を披露し、「卒業まであと1カ月なんです。握手会で感じている皆さんのぬくもりをもう感じられる機会がなくなるんだと思うと、さみしい気持ちはあるのですが、応援をしていただけているというのを直で感じられるのがAKB48です。もう直接声が届かなくなるのかなと思うと、未来の自分も不安になるんですが……」と涙で言葉を詰まらせる。すると、すかさず客席から「がんばれ!」と声援が上がり、大島は「がんばるよ。自分で決めたことだから」と改めて覚悟を口にした。そして「これからも背中を押してください。皆さんの力で……6月8日は晴れさせましょう!」と言うと、客席から盛大な拍手が鳴り響いた。

また幕張メッセでの同イベント同様、会場の周囲を囲むようにして設置された「大島優子ミュージアム」には大島の8年間にわたる“AKB48での歴史”を展示。2006年から2014年を振り返るように衣装124着、私物、年表、写真パネル、生写真、レコード大賞の盾などを、AKB48グループ総支配人の茅野しのぶと思い出を語りながら見学した。大島は自身の思い出の品々を目にして、「衣装展示をしていただけるなんてすごい人だけだと思ってましたが、今までがんばってきたご褒美だよと行っていただけたので本当にうれしく思います」と感慨深げに語った。

なおミニライブ終了後にはAKB48のニューシングル「ラブラドール・レトリバー」に収録される大島の卒業曲「今日までのメロディー」のビデオクリップが初上映された。このビデオには秋元才加や宮澤佐江、河西智美、大堀恵など卒業生を含む大島の同期メンバーをはじめ、高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみといった先輩メンバー、さらには今後のAKB48グループを担う後輩メンバーたちが集い、AKB48劇場や初めて劇場外でのコンサートを実施した日本青年館、目標だった東京ドームなどをともに巡る興味深い内容となっている。

AKB48「今日までのメロディー」歌唱メンバー

梅田彩佳 / 大島優子 / 柏木由紀 / 川栄李奈 / 北原里英 / 倉持明日香 / 小嶋陽菜 / 小嶋真子 / 小林香菜 / 指原莉乃 / 島崎遥香 / 高橋みなみ / 松井珠理奈 / 峯岸みなみ / 宮澤佐江 / 横山由依 / 渡辺麻友 / 秋元才加 / 今井優 / 大堀恵 / 河西智美 / 佐藤夏希 / 高田彩奈 / 野呂佳代 / 早野薫 / 増田有華 / 松原夏海

音楽ナタリーをフォロー