音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

HKT48新チームH始動!「団結して素敵なチーム作りたい」

179

新体制となったHKT48チームHの「青春ガールズ」初日公演が昨日4月23日に福岡・HKT48劇場で行われた。

出演メンバーの告知が事前に行われず幕を開けた公演には新チームHのメンバー全20人が出演。最初のMCでキャプテンの穴井千尋は「初日ということで20名全員で『青春ガールズ』公演を行います!」と挨拶しファンからの大きな歓声に包まれた。また田島芽瑠は「今日は正規メンバーとしてステージに立つのが初めて」と笑顔を見せ、指原莉乃は「『青春』はとっくの昔に終わってるんですがなこみく(最年少メンバーの矢吹奈子と田中美久の総称)と同世代になった気持ちでがんばります」といつもの調子で意気込みを語りメンバーから突っ込みを受ける場面も。さらに滑舌の悪い兒玉遥は「青春ガールズ」を「しぇいしゅん」とさっそく噛んでしまい爆笑を誘った。

ユニット曲のコーナーに突入するとまずは穴井、兒玉、指原、松岡菜摘による「Blue rose」がクールに披露される。続けて神志那結衣と田島による「禁じられた2人」では曲の世界観に入り込んだ2人の表情にファンは魅了され、「雨の動物園」ではゾウに扮した矢吹に大歓声が集まる。これについてHKT48の“ボス”こと田中菜津美は「曲中(ファンの皆さんが)9割奈子しか見てない!」と憤り、19歳の坂口理子も「私が出てきたとき、すごい目で見られた」と恥ずかしそうに感想を語った。

またドラフト生の山本茉央はこの日が劇場公演の本デビュー日ということで、指原から「モノマネする?」とムチャ振りの洗礼が。山本はこれに答えメンバーのモノマネを披露し笑顔を見せた。さらに山本はアンコールで4曲に出演し、そのひたむきなパフォーマンスをファンに見せつけた。

この日はセットリストに特別に組み込まれた「HKT48」も歌唱しファンとの一体感を演出。穴井は最後の挨拶で「チームH20名、団結して素敵なチームを作っていきたい」と目標を掲げて、温かい拍手に包まれながら無事初日公演を締めくくった。

なおHKT48新チームKIVの「シアターの女神」公演は5月8日にスタートする予定となっている。

音楽ナタリーをフォロー