音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46松村&中田、さんみゅ~&後藤まりこ相手に大奮闘

133

乃木坂46の松村沙友理と中田花奈がMCを務めるニコニコ生放送のレギュラー番組「生のアイドルが好き」第11回が、2月25日に生配信された。

この番組は松村と中田が毎回旬のアイドルをゲストに迎えてトークを繰り広げるアイドル音楽番組。今回は番組本編のゲストにさんみゅ~の木下綾菜、京極友香、小林弥生、長谷川怜華、山内遥、さらに告知コーナーのゲストに後藤まりこを迎えてトークやゲームで番組を盛り上げた。

番組冒頭のトークでは松村がバレンタインを振り返り、レギュラー番組内でメンバーの生田絵梨花からもらったこんにゃくを母親が実家に持ち帰ったことを吐露。また2月22日のバースデーライブの話題では中田がMCで披露した“中田リズム”を誰も真似しなかったことに触れ、そのリベンジとしてスタジオ内で再披露しスタジオを凍り付かせた。

続いてスタジオにはゲストのさんみゅ~が登場。松村と中田は事前アンケートをもとにさんみゅ~の5人とトークを繰り広げていった。この中で小林が特技の関節芸を披露すると、松村&中田は驚きとともに「痛い痛い!」と声を上げる。以前テレビで観たことがあったという中田も「いざ生で観たら迫力がすごくてビックリ」と言って目を丸くした。

また視聴者からの質問コーナーのあとには、前回からスタートした「さゆりんごの、おさわり占い」に突入。松村がゲストの体を触ってその人の運勢を占っていくが、木下が二の腕を触られると大絶叫。松村はその後もうれしそうに山内や小林にボディタッチしていくが、その占いの内容はかなり怪しいものばかりで、視聴者からは「占いのクオリティがどんどん下がってる」と指摘される一幕もあった。その後はさんみゅ~の持ち込み企画を実施。複数の企画が持ち込まれたことから、「腕相撲+にらめっこ」「叩いて被ってジャンケンポン+似顔絵対決」というオリジナリティあふれるゲームが次々に展開された。

さんみゅ~との笑いの絶えないゲストコーナーが終わると、今度は告知ゲストとして後藤まりこが登場。アイドル以外のゲスト、しかも大先輩に当たる後藤を前に松村&中田は若干緊張した様子を見せるが、後藤の気さくな対応により徐々にリラックスしていった。番組終盤では松村&中田が後藤に、乃木坂46の楽曲「そんなバカな…」の振付けをレクチャー。中田が緊張気味に振り付けを教えていくものの、最終的には後藤オリジナルの振り付けで「そんなバカな…」を踊ってみせた。こうして90分にわたる番組は幕を閉じた。

「生のアイドルが好き」は今後も毎月1回、旬のアイドルをゲストに迎えて配信予定。今回の番組の模様はスカパーHD663ch PigooHDでも本日3月2日(日)20:00からオンエアされる。なおナタリーでは松村と中田に配信終了後、番組の感想を聞いた。

松村沙友理&中田花奈 コメント

──今日のゲスト2組はまったくタイプの異なる人たちでしたね。

中田 それぞれのテンションに合わせて、自分を切り替えるのが大変でした(笑)。

──しかも後藤さんはアイドルと競演する機会は多いものの、アイドルというわけではないですし。番組中はかなり緊張していたようですが?

中田 めっちゃ緊張しましたよ! さんみゅ~さんは私たちに近い空気感があって、似てるところも多い気がしたので話しやすかったです。後藤さんは大先輩だしオーラもめっちゃ出てたので、ただただ緊張しました。

松村 うちもさんみゅ~さんは話していて、グループの雰囲気とかメンバーの人柄とかが乃木坂に似てるなあと思ったんですよ。それもあって、すごく話しやすかったです。後藤まりこさんは同じ大阪出身で、正直思ってたよりずっと関西弁やったからめっちゃ親近感が湧きました。あと意外と乃木坂のことを知ってくださっているみたいで、うれしかったです。

──いよいよ次回で12回目、まる1年ですよ。

2人 えっ、1年!? すごーい!

松村 だって1年前にこの番組のことをマネージャーさんから聞いたときのこと、まだ覚えてますもん。

中田 覚えてる。つい最近な気がするし。

松村 1年経つのって早いですね。ビックリ。

──1年近く番組を続けてきましたが、それぞれMCとして成長したと思いますか?

2人 うーん……。

──ないんですか?(笑)

中田 でも正直「放送事故番組」みたいな括りができたことで、ちょっと気が楽な部分もあるよね(笑)。

松村 確かに(笑)。何か変わったんですかねえ……でも番組のスタッフさんは2人のMC力がメキメキ上がってることを「寂しい」って言うんですよ(笑)。だからあんまり変わらないほうがいいのかなって思いました。

中田 いやいや、がんばろう!(笑) もっと腕を上げていこうよ!

※記事初出時、本文および写真キャプションの人名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー