ももクロ、ペプシ“健康”ライブで「Chai Maxx」4回披露

1318

ももいろクローバーZが昨日1月11日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナにてライブイベント「ももいろクローバーZero LIVE ~ペプシはトクホもZeroカロリーなんだZ!~」を開催した。

“ももいろクローバーZero”のポーズを決めるももいろクローバーZ。

“ももいろクローバーZero”のポーズを決めるももいろクローバーZ。

大きなサイズで見る(全45件)

「Chai Maxx」をパフォーマンスするももいろクローバーZ。

「Chai Maxx」をパフォーマンスするももいろクローバーZ。

大きなサイズで見る(全45件)

あーりんペプシロボ

あーりんペプシロボ

大きなサイズで見る(全45件)

あーりんペプシロボのボタンを押してペプシネックスを取り出す百田夏菜子。

あーりんペプシロボのボタンを押してペプシネックスを取り出す百田夏菜子。

大きなサイズで見る(全45件)

ペプシネックスを一気飲みしてボトルを高く掲げる高城れに。

ペプシネックスを一気飲みしてボトルを高く掲げる高城れに。

大きなサイズで見る(全45件)

「ももいろクローバーZero LIVE ~ペプシはトクホもZeroカロリーなんだZ!~」の様子。

「ももいろクローバーZero LIVE ~ペプシはトクホもZeroカロリーなんだZ!~」の様子。

大きなサイズで見る(全45件)

このライブは昨年夏に行われた「PEPSI HEALTHY SUMMER キャンペーン」の一環として「健康」をテーマに開催された招待制ライブ。ライブは佐々木彩夏扮するキャラクター“あーりんペプシロボ”が場内に登場するところからスタートし、あーりんペプシロボは「人間は永遠に健康を求めるものです。今回のライブは極限まで代謝を上げ、皆さんに健康になっていただこうという世界初の画期的なライブでございまーす!」と挨拶した。さらに「I love 健康! Say!」「I love ペプシ! Say!」とロボが観客を煽ると観客もその言葉を繰り返す。

続いて百田夏菜子、玉井詩織、有安杏果、高城れにの4人がステージに登場。彼女たちが「あー、喉乾いたー」「さすがに何か飲まないとヤバイよね」「ピンチでしょ?」と口々に話すと、ロボが「私はみんなのピンチを助けるあーりんペプシロボだよ」と反応。「私たち、喉が渇いて口の中が東京砂漠なの! 高城さんなんて年がら年中体が東京砂漠なの!」「カッサカサだよ!」という4人の訴えに、体が自動販売機仕様になっているロボは自身の体のボタンを「押してみそ?」と促す。百田がボタンを押し、ボディから出てきたペプシネックスを高城が一気飲みしたところで、ロボは「よい子のみんなー! みんなのそばにはいつもペプシがいるよ!」「I love 健康! Say! I loveペプシ! Say!」と観客を煽り、ももクロライブのオープニング曲「Overture」がスタートした。

改めてももクロの5人がステージに登場すると、佐々木が「もっともっと盛り上がれるでしょ! みんな踊れるかー!」と煽る。この日のライブの1曲目に選ばれたのは激しい振り付けでおなじみの「Chai Maxx」。さらに「CONTRADICTION」「ワニとシャンプー」「BIONIC CHERRY」と5人はアッパーな楽曲を立て続けに披露していく。MCでは百田が「さあ始まりました、ペプシプレゼンツ、健康ライブ! 皆さんようこそ! 私たち、今会えるペプシアイドル、ももいろクローバーZero!」と挨拶。そこからいつものももクロのライブのように自己紹介に突入するも、高城が「人間、生きていく上で、最適を求めるものです。つまり楽に生きるということです。そんな自分の体に負荷をかけて、眠っている体を呼び起こそうという、そんなことができたらいいなと思ってます。なのでそのためにも全力自己紹介をしたいと思います」と語りだし、高城の自己紹介である「れにれに体操第1」も「アキレス腱伸ばせー!」「側筋伸ばしてー!」といつもよりも大きな動きに。続く他のメンバーも健康を意識した動きを取り入れつつ自己紹介を行い、最後に百田が「皆さんをいつも以上に健康にしてお帰りになっていただこうと思いますので、最後まで全力でよろしくお願いします!」とアピールした。

続いて佐々木が「まだまだ踊れんのかー! まだまだ汗かけんのかー!」と叫び、この日2度目の「Chai Maxx」に突入。続く「PUSH」では曲の途中で百田、玉井、有安の3名と、佐々木、高城に古屋智美マネージャーを加えた3名の2チームに分かれてのリレー大会が行われた。バットを軸に回転したりパン食い競走を交えながら盛り上がったリレーの結果は百田、玉井、有安チームが勝利。続く「上球物語 -Carpe diem-」では曲の途中のソロダンスパートで玉井が腕立て伏せを10回行うなど、運動を取り入れた演出で会場を沸かせた。

その後は「さあ、そろそろ疲れてきたことでしょう」とメンバーがミュージカル調で歌い出し「ここにペプシがあればオールOK」と熱唱する。そして佐々木が「3回目の『Chai Maxx』! 3回目だからかなり走る『Chai Maxx』!」と歌うと、通常よりも高速の「Chai Maxx」がスタート。さらに「ココ☆ナツ」「労働讃歌」が披露され、観客も汗を流して踊りまくった。

そしてピアノバージョンの「負けないで」がBGMとして流れ始め、佐々木が「もうそろそろエンディングのお時間ですね」と語ると、有安が「このまま最後まで走りきれるのかな……」と不安げな表情を見せる。百田の「ごめん、私できないかもしれない……」の声に有安が「でもここまで来たからがんばろうよ」と促し、5人は「みんなで一緒にやってきたじゃん」「私みんなでゴールしたい」「私も……」となぜか涙ながらの会話を繰り広げる。そして佐々木が「ゴールまでみんなで走りたい。ゴールまで、あと少し……。皆さん、ゴールまで一緒に走ってくれますかー!」と叫ぶと、この日4度目の「Chai Maxx」がスタートした。5人は最後に「ツヨクツヨク」をパフォーマンスし、観客を巻き込んで「バンザイ!」と「ペプシ!」というコールを3回繰り返す「万歳“ペプシ”三唱」を実施。約1時間半のライブイベントは大興奮の中でフィナーレを迎えた。

「ももいろクローバーZero LIVE ~ペプシはトクホもZeroカロリーなんだZ!~」
2014年1月11日 埼玉県・さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ セットリスト

01. Chai Maxx
02. CONTRADICTION
03. ワニとシャンプー
04. BIONIC CHERRY
05. Chai Maxx
06. PUSH
07. 上球物語 -Carpe diem-
08. Chai Maxx
09. ココ☆ナツ
10. 労働讃歌
11. Chai Maxx
12. ツヨクツヨク

この記事の画像(全45件)

関連する特集・インタビュー

ももいろクローバーZのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ももいろクローバーZ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。