音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

転校生が“登校拒否”「それでもまた、会えたらいいな」

255

アーティスト活動の休止を発表した転校生が、9月27日に東京・Shibuya O-nestにてラストライブ「登校拒否」を行った。

水本夏絵のソロユニットとして2009年より活動を続けていた転校生だったが、このライブを最後に水本は“休学”し、転校生としての活動を終えた。ラストライブは3人のストリングスを交えた「エンド・ロール」からスタート。ステージ背面のスクリーンにはVJによる映像が投影され、独特の世界観を持つ転校生の楽曲と歌声を引き立てた。

水本は訥々としたMCを挟みつつ、最初で最後のワンマンライブにして初披露となった「家賃を払って」、映画「暗闇から手をのばせ」の主題歌「爆音ヘッドフォン」など、これまで作り上げてきた曲を淡々と歌っていく。「いつも何か言おうとするんですけど、結局何も出てこなくて。伝えたいこととか特に何もないんですけど、本当にあの……ありがとうございました」と静かに思いを伝え、ストリングスを交えた「きみにまほうをかけました」で締めくくった。

アンコールに応え再びステージに登場した水本は「ここまで予定通りです」とほくそ笑みながらも、「大きな声も難しい言葉もいらなくて、言いたいことは……ありがとうございました。それだけです」と感謝の言葉を述べた。そして「午前午後」「コモンガール」の2曲を歌い、最後は「勝手に現れたり、勝手に消えていったり……それでもまた、会えたらいいなと思っています」というメッセージを残し、「空中のダンス」でフィニッシュ。転校生としての活動に幕を下ろした。

水本は鳴り止まない拍手を受けて三たびステージに上がると、「私なぜか年齢非公開になってたんですけど、9月25日で26歳になりました。もうアラサーなんで、こういう格好はしないと思います」と笑顔を浮かべながらコメントした。転校生としては“登校拒否”してしまった彼女だが、今後はまた別の形で活動するかもしれないとのこと。ファンは次のアクションに期待しておこう。

転校生 ワンマンライブ「登校拒否」
2013年9月27日(金)Shibuya O-nest セットリスト

01. エンド・ロール
02. 人間関係地獄絵図
03. 東京シティ
04. 家賃を払って
05. ドコカラカ
06. 傘
07. X
08. 爆音ヘッドフォン
09. ほうかご
10. きみにまほうをかけました
11. パラレルワールド
<アンコール>
12. 午前午後
13. コモンガール
14. 空中のダンス

■転校生 - 「空中のダンス」

音楽ナタリーをフォロー